TETSUYAが語る、ソロ20周年での若返りと楽曲制作における哲学

TETSUYA



-今「歌うなら歌うで、ちゃんとヴォーカリストになりたいと思っていた」と仰っていましたが、ソロを始める時点で理想のヴォーカリスト像や「こういう歌い手になろう」みたいなイメージはあったんですか?

僕、デペッシュ モードが好きで、デイヴ ガーンの声がいちばん好きなんですけど、ああいう声は出ないんですよ。だから自分のこの声で歌うしかなかったんですけど、気付いたらどんどんハイトーンが出るようになっていって。普通は年齢を重ねると共に高音域って出なくなるじゃないですか。でも、僕は年齢と共に何故かどんどん高音域が出るようになっていて。というか、見た目も中身もどんどん逆行していて、マッサージを受けていても「すごく良い筋肉」ですねって言われたり、人間ドッグを受けても体の中がすごく綺麗なんですよ。20代の頃より健康になって若返っていっているんですよね。それに伴って声のキーもどんどん上がっている(笑)。

-そんな進化の一途を辿るTETSUYAさんの未来も楽しみなのですが、今回のアルバム『STEALTH』以降はどんなヴィジョンを描かれていますか?

今作『STEALTH』は10年ぶりのアルバムになっちゃったんですけど、次のアルバムもすでに構想があったりするので、途切れることなく活動を続けていきたいなと思っています。

-その次のアルバムについて、現時点で何か話せたりしますか?

僕は常に最新作が最高傑作だと思っているので、今回の『STEALTH』を超えるアルバムにしたいですね。



<リリース情報>



TETSUYA
3rdアルバム『STEALTH』
発売中

通常盤【CD】3300円(税込)
初回限定盤【CD+Blu-ray】5280円(税込) [デジパック仕様]
UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤【CD+DVD】11000円(税込)
[LPサイズジャケット仕様・LPサイズ二つ折りブックレット付き]

=収録曲=
1. REGRET
2. Make a Wish
3. I WANNA BE WITH YOU
4. 誰がために鐘は鳴る
5. 白いチューリップ
6. FATE -Album ver.-
7. 愛されんだぁ I Surrender
8. READY FOR WARP
9. ARIGATO
10. Time goes on ~泡のように~
11. Eureka
[Bonus Tracks] ※初回限定盤、UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤のみ収録
12. milky way~砂時計~Link -LIVE 2019 "THANK YOU" 4950-
13. 瞳の住人 -LIVE 2019 "THANK YOU" 4950-

Official Site:https://www.tetsuya.uk.com/

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE