HKT48が語る、デビュー10周年を経て見つめる「未来」と劇場への想い

HKT48:左から田中美久、運上弘菜、松岡菜摘、矢吹奈子、本村碧唯(Photo by Masato Moriyama)



復帰した矢吹奈子の存在感

―IZ*ONEで経験したことをHKT48にフィードバックしたいという気持ちもありました?

矢吹:韓国でたくさんのことを学んで成長できたので、HKT48にも生かせたらなとは思っていました。でも……どうなんだろう。変わった感じしますか?

松岡:とっても変わった感じがする。今までの奈子は、どっちかっていうとついてきてくれる感じだったんですけど、HKT48に帰ってきて、引っ張ってくれるようになった。たくましくなって帰ってきたなって印象です。

田中:振り付けのレクチャーに私たちはリモートで参加して、奈子だけ先生に直接教わっていたので、ミュージックビデオの撮影当日に奈子がみんなに細かい振りを教えてくれたんです。それってちゃんと自分ができてないと教えられないじゃないですか。そこは本当にすごいなって思ったし、成長してるなって感じて。なんか上から目線みたいになってるんですけど(笑)、本当に尊敬する存在です。

運上:奈子さんが帰ってきてくださって、センターになってくださったのが本当に今のHKT48にとってありがたいです。注目してくださる方もすごく多くなるし、今回の曲も奈子さんがセンターで引っ張ってくださったからできた曲だと思います。自分もセンターポジションを経験していますが、これまで自分は何してきたんだろうって反省しちゃうくらいしっかり教えてくださるので、もっと吸収したいなって思ってます。


運上弘菜(Photo by Masato Moriyama)

―強力なメンバーが復帰したことで、勢いに弾みがつくと思いますし、すごく前向な2ndアルバムになりましたよね。1stアルバムはデビュー当時の元気でやんちゃなHKT48のイメージが強く出ていたと思うけど、2ndアルバムに収められた全形態共通曲を聴くと、HKT48の多様性がよく出ていますよね。曲のアプローチも様々ですし。

松岡:今回明るい曲が久々で、ここ5年くらいのシングルはかっこいい曲が多かったんです。「意志」とか「3-2」とか、デビュー当時にはなかった曲だった。HKT48の歴史の前編が1stアルバムだとしたら、後編が2ndアルバムだと思います。





矢吹:HKT48はなんでも挑戦するというか、かわいい系でもかっこいい系でも、どんな系統でももっといろんなジャンルに挑戦したいです。どんな方向で行く、というよりも、とにかく色々やってみたいなと思ってます。

―矢吹さんは自分が演者としてステージに立ってHKT48のみんなと一緒にパフォーマンスしてる時に、HKT48のポテンシャルの高さを実感することもありますか?

矢吹:あります。グループを自画自賛するみたいで恥ずかしいんですけど、本当にみんな表現力が豊かだから、どの曲でも似合うなって思います。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE