『ロッキー』や『ランボー』の小道具がオークションで落札 米

FilmPublicityArchive/United Archives/Getty



『ロッキー』シリーズに加え、スタローンの看板作品である『ランボー』シリーズからも各種小道具が出品された。最高の落札額を記録したものは、『ランボー』の第1作で使用されたナイフスミス、ジミー・ライル製作のサバイバルナイフで、12万8000ドル(約1450万円)で落札された。同シリーズからは劇中でスタローンが着用したいくつかの衣装も出品されていたが、高額での落札となったのはやはり、「ハートストッパー」と呼ばれたオリジナルのMK-9ナイフが3万2000ドル、ラバーで作られたM60マシンガン1万6000ドルなど、ランボーの使用した武器類がほとんどだった。

上記2シリーズ以外に落札された物は、プラネット・ハリウッドでの展示のためにジャンニ・ヴェルサーチがデザインした『ジャッジ・ドレッド』(1995)の衣装(1万1250ドル)、『フィスト』(1978)で使用されたスタローンと他の出演者らのサイン入りの斧の柄(1万1520ドル)や、『エクスペンダブルズ』シリーズでスタローンが着用した腕時計、ルミノールのパネライ1950ラトラパンテ(1万9200ドル)などがあった。

From:Sylvester Stallone Clears Out the Storage Locker as ‘Rocky,’ ‘Rambo’ Items Sell at Auction

Translated by Kazuhiro Ouchi

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE