Reiが赤裸々に語る、長岡亮介との再会劇「泣きながらギターを録りました」

Rei


QUILTの根底にある「本物の人間関係」

─今回、QUILTプロジェクトを始動するにあたって、第一弾でコラボレーションした藤原さくらさんと今回の長岡氏の顔はすぐに思い浮かんだという感じですか?

Rei:そうです。着飾らなくてもいい相手であり……なんていうのかな? 私がクラシックギター出身ということもあると思いますが、同業者のことをライバル視してしまうところがあって。すぐに悔しいって思っちゃうんですよ。でも、それは本当に相手のことを認めているからで。

─それはジェラシーと呼べる感情でもある?

Rei:ジェラシー……妬いてるというのともちょっと違うのですが、私は負けず嫌いだから。さくらちゃんも亮介さんも私にとってはライバルですが、その中でも心を許せて正直に話せる相手だと思います。そして、このQUILTというプロジェクトはデビュー当初だったら実現できなかったと思います。人間関係を築いて、その積み重ねのもとに実現できることだから。

─Reiさん自身がホストであることが重要で。

Rei:そう思います。だから、今はすごく私にとってご褒美タイムでもあるんですよね(笑)。ここまでがんばってきてよかったなと思える時間だし、自己肯定感の低さみたいなところが自分のモチベーションにもなったりするけれど、それがちょっと和らぐというか。自分が大好きな人たちとコラボレーションできるって、認めてもらえてるということでもあるので。



─間違いないですね。

Rei:さらに、今回の「Don’t Mind Baby with 長岡亮介」は赤坂カントリーハウスという亮介さんが学生のころから通ってライブをしている場所のハウスバンドのみなさんに参加していただいたことも大きなポイントです。亮介さんにプロデュースしてもらった『BLU』(1st Mini Album)に収録されている「my mama」という曲もそのハウスバンドのみなさんと録音したんですよ。今回もまた同じメンツで演奏したいなということで、それも込みでオファーさせていただいて。アレンジリハーサルもカントリーハウスでやらせていただいたんです。私にしてみたら、亮介さんが自分がお世話になった人たちを紹介してくれるということは、私のことも信頼してくれて愛情を持ってくれていることの表れでもあると思うから、それはすごくうれしかったです。私は『BLU』を経て2作目以降はセルフプロデュースで作品を作ってきました。『BLU』のジャケットは私が書いたイラストのポートレートですが、いつもそれを見ながら自分に問いかけるんです。「あのジャケットの女の子だったらこれをやるかな?」って。いつもそれが自分の判断基準になってる。仕事を一つ選ぶときに悩んだりしたら「この子だったらどうするかな?」って考える。

─あのジャケットの子が喜ぶかどうか。

Rei:そう。あの子がだったらダサくてやらないだろうなと思うことはやらないし。今回、亮介さんが寄せてくれたコメントを読んでも思いましたが、『BLU』を経てセルフプロデュースでやってきた時間の中で私が培ったものを、今回の曲の制作を通してすごく感じてくれたみたいで。亮介さんに「前進してるね」と言ってもらえたことが本当にうれしかった。私はバイリンガルとして育って言葉に対するコンプレックスがあるなかで自分の音楽が生まれているので、人の態度から本心を汲み取るのが得意なほうだと思うんです。亮介さんが本心でそう言ってくれたと感じられたのがよかった。








この投稿をInstagramで見る

Rei(@guita_rei)がシェアした投稿



─『BLU』から6年、濃密な時間を過ごしてきた。

Rei:そうですね。これは冗談じゃなく、よく生きてきたなって自分でも思います。そう思うし、「Don’t Mind Baby with 長岡亮介」という曲は別れをテーマに書いたんですね。

─別れの前日譚としてのドライブですよね。

Rei:そう。恋人たちが離れ離れになる前のドライブというカジュアルな気持ちでも聴いてもらえる曲でもあるし。私自身は、自分の大切な人が別れに心を痛めていて、その人に元気を出してほしいという気持ちで書いた曲なんです。出会うということは必然的にいつか別れが訪れることを意味してるから。それがドライブのようだなと思って。車に乗り込んで目的地に着いたら、いつかその車から降りるということだし、人生のようだな、と。そういう自分の死生観についても描いた曲になりましたね。あとは亡くなった人はどこかで生きてる私たちを見てると思うし、助手席に座ってるんじゃないかなと思うんです。でも、それはあくまで私のイメージだし、曲としてはカントリーハウスのバンドを迎えたこともあいまってすごく広くてゆとりのある曲になった。遠距離恋愛の曲としてカジュアルに聴けるし、シリアスな曲としても聴ける。そういういろんな想像の余地がある曲になったなって。そういう曲はこれまでの自分にはなかったなとも思うし。ルーツミュージックの焼き直しではなく、J-POPとしても成立している曲になったと思います。

─本当に忘れがたいレコーディングだったんだろうなと思います。

Rei:そうですね。何日かに分けて録ったんですけど、バンドでレコーディングした日にギターソロを録ったのが深夜の2時くらいで。泣きながらギターを録りました。

─それはどういう涙だったんですか?

Rei:亮介さんとひさしぶりに一緒に音楽を作れたことに感動したし、こうやって再会するまでの音楽と人生を続けられてよかったという感動もありました。



─QUILTプロジェクトは2022年以降も続いていくと考えていいんですよね?

Rei:はい。続いていきます。ご期待ください。来年はさらにアクションの年になると思います。かつては自分が書く曲やギターをもっと認められたいという気持ちが強かったけど、今はそれより……生き方。こういう生き方があるんだよって誰かに伝わったらいいな、と思う。QUILTプロジェクトのテーマは共生なんですね。私のルーツはクラシックギターにあって、たった一人でギター持ってステージに立つことから始まった。そして、ブルーズという、アメリカで黒人が自分の感情をギター弾き語りで吐露することで始まった音楽に共鳴して。私の音楽ってずっとひとりぼっちだったんですよ。学校に行っても音楽ばっかりやってるから友だちとも繋がりが希薄だったし、人間関係に対して何も経験してないのに早くからあきらめていたんです。あきらめてたんだけど、ずっと音楽を一生懸命やってきて、その道すがらで出会った人たちがいて、その人たちとはすごく深く繋がれた。初めて本物の人間関係を築けたという気持ちになって、ああ、こういうことってあるんだって驚きを覚えました。その感動をQUILTプロジェクトで示したいと思う。まだ28年しか生きてない人生だけど、作品を作っていく中で証明できるはずだから。




Rei
「Don’t Mind Baby with 長岡亮介」
配信リンク:https://lnk.to/Rei_Dont_Mind_Baby


Reiny Friday -Rei & Friend- Vol.13
2022年2月18日(金)東京・鶯谷 東京キネマ倶楽部
Act:Rei
Friends:奇妙礼太郎
Reiny Records先行受付
2021年12月23日18:00〜2022年1月5日(水)23:59
https://eplus.jp/rei22-rr/

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE