Anonymouz、初のホールワンマンで魅せた匿名性と身体性の融合

Anonymouz(Photographer:Viola Kam (V'z Twinkle))

Anonymouzが2022年1月28日(金)、東京・日本橋三井ホールにてワンマンライブ『Anonymouz Live 2022 〜Forward〜』を開催した。

J-POPの英語カバー動画などのYouTube総再生回数が1500万回を突破している20歳の女性アーティスト、Anonymouz。「名前のない女の子」というアーティスト名を名づけた彼女は、「ビジュアルにとらわれずに純粋に歌声を聞いてほしい」という思いから顔を出さず活動を続けている。昨年2021年5月21日に恵比寿LIQUID ROOMで初のワンマンライブを開催し、今回が自身二度目のワンマンにして初のホールライブとなる。バンドメンバーに、クレハリュウイチ(Key.)、伊藤ハルトシ(Gt. Vc.)、松本拓郎(Ba.)、MITSU(Dr.)の4人を迎えて奏でたワンマンライブをレポートする。

関連記事:Anonymouzが告白「孤独に刺さる歌を」

19時7分、暗転し、ピアノ音のSEが流れるとバンドメンバー4人が登場。少し遅れて白い衣装に身を包み、目元を花冠の衣装で覆ったAnonymouzが登場、お辞儀をすると拍手が起こった。ピアノの弾き語りで「Winds of Time」を歌い出すと、バイオリンとピアノの音色から日本語詞の「足りないよ」へ。ドラムとベースが入りアンサンブルの中で歌唱し、躍動感とドラマティックさで違った表情を見せた。「今日は最後まで楽しんでいきましょう」とバンドサウンドの上で挨拶をすると、壮大なサウンドスケープで展開する「In Our Hearts」へ。それまでより高いキーでバンドのアンサンブルを一層高みへ引き上げるようなエネルギッシュな歌い方で観客を魅了していく。スキャットとダンサブルなリズムの「Snake Love」ではステージ前方に迫り出した舞台まで歩み出して客席に向けて言葉を噛み締めて歌った。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE