ミッキー吉野の音楽への情熱と美学、亀田誠治が制作中の影響を語る

ミッキー吉野





田家:「J-POP LEGEND FORUM ミッキー吉野70歳」。2月2日に発売になったアルバム『Keep On Kickin’ It』のご紹介。先週と今週のゲストはプロデューサーの亀田誠治さん。今週はアルバムの後半をご紹介しました。流れているのはこの番組の後テーマ、竹内まりやさんの「静かな伝説」です。

アニバーサリーアルバムとか、トリビュートアルバム、いろいろな形で発売されておりますがミッキー吉野さんだから表現できたことが凝縮されているのがこのアルバムなんだなとあらためて思いました。ジャンルを問わない懐の深さ、クラシックがあったり、ピアノだけの曲があったり、誰もが知っているヒット曲が全然違う形でピアノだけになったり、同時代のミュージシャンが集まって、さらにそこに新しい素材が加わる。いろいろなテーマが縦横無尽に展開している聴き応えのあるアルバムだと思います。シンガーソングライターとか作曲家、作詞家という1つの形が決まったアーティストのトリビュートとは違う深さ、重曹感と言うんでしょうかね。それがこのアルバムの聴きどころです。

ミッキー吉野さんはGSの後にボストンのバークレー音楽大学でも勉強しているわけで、ジャズやクラシックも通過していて、70年代に日本を客観的に外から見ていたりもするんです。その経験がアジアに対する意識にも表れているんでしょうね。70年代から日本の音楽には日本語のロック、英語のロックという2つの流れがあって、ミッキー吉野さんはどちらかと言うと英語派みたいなところにいた。それもゴダイゴは乗り越えて、あれだけのバンドになったんだなというのはあらためて思ったことでもあります。来週と再来週はミッキー吉野さんご本人の登場です。亀田さんの話をここまで聞いてしまって、さてご本人に何を訊くべきなんだろうかと、宿題として重くのしかかられながら終わろうとしています。



<INFORMATION>

田家秀樹
1946年、千葉県船橋市生まれ。中央大法学部政治学科卒。1969年、タウン誌のはしりとなった「新宿プレイマップ」創刊編集者を皮切りに、「セイ!ヤング」などの放送作家、若者雑誌編集長を経て音楽評論家、ノンフィクション作家、放送作家、音楽番組パーソリナリテイとして活躍中。
https://takehideki.jimdo.com
https://takehideki.exblog.jp

「J-POP LEGEND FORUM」
月 21:00-22:00
音楽評論家・田家秀樹が日本の音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出す1時間。
https://cocolo.jp/service/homepage/index/1210

OFFICIAL WEBSITE : https://cocolo.jp/
OFFICIAL Twitter :@fmcocolo765
OFFICIAL Facebook : @FMCOCOLO
radikoなら、パソコン・スマートフォンでFM COCOLOが無料でクリアに聴けます! 
cocolo.jp/i/radiko

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE