ドリカム、グラスパーら熱演 「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」レポート

ロバート・グラスパー(Photo by 岸田哲平)

2013年にイギリスでスタートしたヨーロッパ最大規模の野外ジャズフェスティバル『LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」が、5月14日、15日の2日間日本で初開催された。本来は2020年に第1回目を開催予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止、2021年も同様の理由で中止になり、今年、まさに“満を持して上陸”した。会場は埼玉県・秩父の自然豊かなテーマパーク「秩父ミューズパーク」。2日間で10,000人が来場し、緑に包まれながら、“至上の愛と至福の音楽体験”を楽しんだ。

【写真を見る】「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」ライブ写真(記事未掲載カット多数)

新世代ジャズフェスティバルと謳ったこのフェスは、ジャズ、ソウル、ファンクを横断する上質で洗練された音楽を楽しむことができるのが特徴で、今の音楽シーンを牽引するアーティスト、未来のシーンを担う新鋭アーティスト、今聴きたい、観るべきアーティストが「THEATRE STAGE」「GREEN STAGE」「DJ TENT」でパフォーマンスを繰り広げた。

5月14日(土)、このフェスの開幕を告げたのは、青空が広がる「GREEN STAGE」での地元・秩父農工科学高校吹奏楽部の演奏だった。その音色は、地元・秩父で世界的な音楽フェスが開催される歓び、そしてこれからライヴを繰り広げる全てのアーティストへのエールにも聴こえた。「THEATRE STAGE」でイベントアンバサダーのモデル・堀田茜が、このフェスの魅力を紹介した後、いよいよトップバッター、シンガー・ソングライターkiki vivi lilyが登場。「80dinier」「Blue in Green」などを披露し、そのスウィートかつクールな声と、MELRAW(Sax、Gt)率いる若手実力派ミュージシャンによるアコースティックジャズセッションで楽しませてくれた。


kiki vivi lily(Photo by 中河原理英)

SIRUPは「自由に踊って」と語り、「CHANGE」「LOOP」など色気が薫り立ってくるようなソウルフルな歌とサウンドで、リスナーの腰を揺らす。Ovallはまず極上のバンドアンサブルでその唯一無二の世界に客席を引き込む。そしてさかいゆうと「サマーアゲイン」~マイケル・ジャクソン「Rock With You」をセッションし、佐藤竹善「Rise」をジャジーなアレンジでコラボ。Shingo Suzuki(Ba)は「エネルギーを吸い取られました」とそのパフォーマンスに脱帽。さらに「Find you in the dark feat. Nenashi」ではNenashiがサプライズと登場。そしてこの日がライヴ初披露となった「It’s all about you feat. SIRUP」をSIRUPと共に披露した。ローファイハウスのスタイリッシュなトラックと熱いメロディが融合し、たまらないグルーヴが生まれる。「こんなにゲストとパフォーマンスできるフェスはない」とShingo Suzukiが興奮気味に語り、次々と生まれるグルーヴィ―な音楽に客席も高揚していた。


SIRUP(Photo by 中河原理英)


Ovall feat. 佐藤竹善(Photo by 中河原理英)

一方「GREEN STAGE」では、まず2020年結成の注目の4ピースバンド・チョーキューメイが、その圧倒的な演奏力の高さとボーカル・麗の突き抜けた存在感を放つボーカルで「3月の花嫁」などを披露。トランぺッター・黒田卓也率いるaTakは、馬場智章(Sax)など凄腕ミュージシャン15人がステージに登場。1stシングル「ZASU」などを披露し、緑の木々に囲まれたステージに圧巻のホーンが響き渡り、集まったリスナーは思い思いに体を揺らしていた。御年81歳のセルジオ・メンデスが登場すると、雲が消え太陽を連れてきてくれ、青空が広がる。サンバ、ボサノバのラテンのリズムが最高に心地いい。「SABOR DO RIO」ではSKY-HIとコラボ。高速ラップが炸裂し客席が沸く。ラストは「MAS QUE NADA」で大団円。


チョーキューメイ(Photo by 岸田哲平)


aTak(Photo by 岸田哲平)


セルジオ・メンデス feat. SKY-HI(Photo by 岸田哲平)

この日のヘッドライナーはDREAMS COME TRUE featuring 上原ひろみ、クリス・コールマン、古川昌義、馬場智章。この天才たちのセッションはとんでもない熱量を生み出していた。大きな拍手に迎えられメンバーが登場。今回は、吉田美和のソロアルバム『beauty and harmony』『beauty and harmony 2』からの選曲が中心でその幅広さにファンからは一曲ごとに“静かなどよめき”が起こっていた。

ドリカムと上原の共演は約13年ぶりで、吉田、中村、そして上原はもちろん、メンバー全員がとにかく楽しそうだ。中村正人は「俺以外は神」と話すが、クリス・コールマンとの最強リズム隊が繰り出す厚く太いビートに乗り、演奏も歌も自由に泳ぎ、深くクールなグルーヴを作りだしていた。それぞれのパートのソロもたっぷりと見せてくれ、名手と名手のセッションは鳥肌モノで、指定席エリアだけでなく、後方の芝生エリアも総立ちだ。吉田のアドリブと上原のピアノが“かけ合い”、そして“溶け合う”。全身でピアノを弾く上原のピアノの音には血が通い、吉田の説得力を纏う歌と交差すると、得も言われぬ感動が湧き上がってくる。


DREAMS COME TRUE(Photo by 中河原理英)


DREAMS COME TRUE(Photo by 中河原理英)

サックスとピアノの美しい掛け合いが印象的だった「涙の万華鏡」を歌い終わると、吉田は「涙が出そう、感動」と語っていた。圧巻のセッションで放熱を続けるステージ。上原ひろみが薄暮の中、ソロで短いジャジーな曲を演奏し少しクールダウンし、美しいピアノのイントロが印象的な曲で切々と歌う吉田の歌に、客席では涙を流す観客の姿も。「これが音楽、これがジャズの楽しさ」と、このセッションが届けたい思い、このフェスの真髄を中村が言葉にする。

この素晴らしいセッションをもっと多くの人に届けるべく、『LOVE SUPREME presents』として5月21日(土)神戸ワールド記念ホール、5月26日(木)東京ガーデンシアターでの追加開催が発表されている。(出演:WONK、DREAMS COME TRUE featuring 上原ひろみ、クリス・コールマン、古川昌義、馬場智章)

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE