iScreamの3人が語る、「歌」を極めるためのプロセスと結果

iScream:左からHINATA、RUI、YUNA(Photo by Mitsuru Nishimura)

ダンス&ボーカルグループ、iScreamの1stアルバム『i』が完成した。既発曲7曲に加え、新曲6曲を加えた全13曲収録。ダンス曲やバラード曲、動と静を行き来する多彩なポップソングが収録されていて、彼女たちの最大の強みである歌唱力・表現力をじっくり堪能できる。今回、RUI・YUNA・HINATAにインタビューを実施。また、Rolling Stone Japanの公式TikTokではアルバム収録曲「愛だけは…」のアカペラ動画を公開中なので、そちらも併せてチェックしてもらいたい。

【動画を見る】「愛だけは…」のアカペラver.

—1st EPを出した後、配信で2曲リリース、そこからの1stアルバムという流れは予想してましたか?

RUI:デビューしてまだ1年も経っていない新人の私たちが(『Maybe...YES EP』で2021年6月23日にデビュー)、4作品目でこうしてアルバムを出させてもらえるなんて、最初聞いた時はびっくりしましたし、ファンの皆さんやスタッフの皆さんのおかげで、iScreamの曲が13曲も揃ったということがすごくうれしくて。曲ごとに異なるカラーがある作品ですし、いい意味で自信に繋がるアルバムになった思います。

—「himawari」(2021年9月配信)でバラード曲ならではのiScreamの良さを発揮しつつ、その後の「つつみ込むように...」(2022年1月配信)ではMISIAのカバー曲を通して「iScreamの歌ってすごい!」って多くの人に知ってもらうことができた(2022年5月現在、YouTubeで同曲は200万回以上再生されている)。このタイミングでアルバムというのもよかったですよね。実力を知ってもらうにはベストな状況というか。

3人:はい!

RUI:MISIAさんの楽曲は、EXPG  STUDIOに通っていた時に、歌のレッスンの課題曲でよく歌わせていただいていましたし、「つつみ込むように...」だけじゃなく、他のたくさんの名曲も聴いていたので、そんな偉大なアーティストさんの楽曲を自分たちがカバーして世の中に出させていただくって、これは一体どうなるんだろうって想像ができなかったんです。実際にこうして、ミュージックビデオの再生回数が上がって、多くの方に知ってもらえたことで、名曲の力ってすごいなって改めて思いました。コメント欄でも温かい言葉を皆さんが残してくれたのは、MISIAさんの楽曲がそれだけ愛されている証拠だと思いますし、皆さんに愛される名曲というものを、私たちもいつか出したいという夢を持つことができました。

YUNA:今回、アルバムの制作スケジュールで言うと、1週間に1回のペースでレコーディングだったので、1曲1曲に対してどういう想いで臨むのかが難しかったです。どの曲も大切にしたいからこそ、アルバム制作というのが初めての体験だったので、どんな風に自分で解釈して、どうやって表現したらいいんだろうって全体を見ながら考えるのが、自分にとっての挑戦で一番大変なことでした。でも、ディレクターの方やメンバーと一緒にレコーディングしたからこそ、自分自身では気づかないことが分かったり、その結果、自分の意見を持てるようになりました。

HINATA:デビューEPに入ってる「Maybe...YES」は、私たちと同世代の子が共感してくれるような、等身大でピュアな楽曲で、その次の「himawari」は私たちの武器でもある歌唱力の面をバラードソングとして皆さんにお伝えできましたし、「つつみ込むように...」では、MISIAさんの曲を通して一段階上の表現を見せることができたと思います。アルバムには、それらに加えて新曲が6曲収録されているのですが、これまで挑戦したこがとないタイプの曲にもチャレンジしてますし、いろんな面を見せることができたと思います。

「Maybe...YES」



「himawari」



「つつみ込むように...」



—10代の目線で考えるとサブスクで音楽を聴くのが当たり前だと思うんですけど、皆さんの中に“アルバム”というフォーマットで音楽を聴く習慣ってありました?

YUNA:好きなアーティストだったらアルバムで聴くことはあります。なので自分たちのアルバムを作る上で、曲順も自分たちで考えようってことにしたんです。それぞれの楽曲に愛があって好きだからこそ、どの曲も飛ばさず聴いてほしいので、曲順を決める時はアルバムを通してライブを見てるような感覚になるように意識して。起承転結が見えるようにとか、その中で浸っていたいバラード曲のゾーンを入れてみたり、3人で工夫しながら作りました。

HINATA:私たちと同世代の方が多く聴いてくださると思うので、自分たちは普段他のアーティストさんのアルバムをどういう風に聴いてるかとか、そういうところから話をしました。

RUI:この曲はこの感じで終わるから、そのままの余韻で行きたいよねとか、ビート強めの曲を持ってきたいよねとか。曲と曲の流れにこだわりました。自分たちでも決めながらテンション上がったりして。

YUNA:テンションは大事にしたいね。

null
RUI(Photo by Mitsuru Nishimura)

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE