エルヴィス・プレスリー 人気曲ランキングTOP10

エルヴィス・プレスリー(Photo by Archive Photos/Getty Images)

エルヴィス・プレスリーの生涯を描いた、バズ・ラーマン監督の伝記映画『エルヴィス』が大ヒット上映中。同作の日本公開を記念して、米ローリングストーン誌の読者投票によるキング・オブ・ロックンロールの人気曲ランキングをお届けする。




10位 「Mystery Train」


サム・フィリップス(サン・レコード創立者)とトム・パーカー大佐がエルヴィスの契約をRCAに4万ドルで売却する数カ月前に、エルヴィスはサン・スタジオに戻って、このジュニア・パーカーによる1953年の楽曲を録音した。ギターにスコッティ・ムーア、ベースにビル・ブラック、ドラムにジョニー・バーネロを配し、エルヴィスはブルージーな原曲をアップテンポにアレンジしている。この新バージョンはビルボードのカントリーチャートで11位まで登り詰めるが、その数カ月にRCAが「Heartbreak Hotel」をリリースすると、それ以前にエルヴィスが発表したあらゆるものがすっかり霞んでしまった。それでも「Mystery Train」は、今でも最も愛されているエルヴィス楽曲の一つである。


9位 「Kentucky Rain」(邦題:雨のケンタッキー)


エルヴィスは70年代における最初の一歩を、エディ・ラビットとディック・ハードが作曲した哀愁のシングル「雨のケンタッキー」を1970年1月にリリースすることで力強く踏み出した。この曲はビルボードHOT 100で16位を記録し、100万枚以上を売り上げたが、ライブショーではたった数週間しか歌われなかった。


8位 「An American Trilogy」(邦題:アメリカの祈り)


エルヴィスが「An American Trilogy」を歌い始めた1972年の時点で、南北戦争は100年以上も前に終わっていたが、その傷跡はまだアメリカ中に深く刻まれていた。この曲はナッシュヴィルのプロミュージシャン、ミッキー・ニューベリーの作品で、まるで南北を統一するかのように「ディキシー」「リパブリック讃歌」「私の試練」を合体させ、スケールの大きな愛国的組曲に仕立て上げている。彼がどうにか4分半にまとめることで完成したこの曲は、晩年の5年間におけるコンサートのハイライト曲となった。

Translated by Rolling Stone Japan

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE