SKY-HI、こだわりのエンターテインメントを鮮やかに体現

SKY-HI(Photo by Kazushi Toyota)

先日開催された「Rolling Stone Japan LIVE 5th ANNIVERSARY SPECIAL」。 SKY-HIのライブレポートをお届けする。

【ライブ写真を見る】SKY-HI

DJ・ギター・ドラムのスクワッドスタイルでライブに望むSKY-HIは、リハーサルで「Bare-Bare」を披露する大盤振る舞い。確認が終わるとステージ袖からは「よーし、頑張ろ」との声が聞こえ、さいたまスーパーアリーナの大舞台であっても彼が心地よい緊張に包まれていることが伝わってきた。

開始時刻になり、舞台が照らされてからの彼はすごかった。なにせ外部イベントのライブだというのに、自身のソロコンサートと変わらないクオリティのステージを作りだしてしまったのだから。過去のリリックを引用しSKY-HIのアナザーサイドを描いた「Sky’s The Limit」でクールに幕開けすると、培ってきたスキルを遺憾なく発揮しファストラップを披露。こだわりぬいた照明の演出も武器にして、オーディエンスをあっという間に飲みこんでいった。

迷いのない言葉で惹きつける「何様 FIRST TAKE Ver.」、BFQ(ダンサー)と一緒に挑発的なダンスで魅せる「Mr. Psycho」と攻めのセットリストを展開。それでいて、“Fuck Off”のリリックで“Fuck”と発せず歌を抜くなど配慮も忘れないのがSKY-HIというアーティスト。堂々たるボースティングをかましながらも、守るべき礼節は突き通すのだ。

「Sexual Healing」では艶っぽい色気を香らせ、3RACHAとコラボレーションした「JUST BREATHE」では世界視点で戦っていく意志を刻み付ける。ここまで怒涛の勢いでパフォーマンスされてきたわけだが、とにかくステージの作りこみが半端じゃない。指でピストルをバンと打てばスクリーン上のガラスが割れ、音の波に合わせてストロボはバシバシと呼吸し、映像のなかで車がオーバーヒートすれば会場にもスモークが上がる。日本でも、外部のステージであっても、一流のエンターテインメントを創造できることを、SKY-HIは自身のパフォーマンスで証明してみせた。

アーティスティックに魅せてきた前半のターンを経て、後半では盛り上がるナンバーを続々と投下してく。「Double Down」の“皆様御容赦”のフレーズも声が出せない環境に応じて“皆様ハンズアップ”へチェンジ。その後も「Snatchaway」「Seaside Bound」「Fly Without Wings」とオーディエンスと共に楽曲を作り上げていった。

MCで「音楽やエンターテインメントは愛してもらうためだけにあるんじゃなくて、あなたが自分のことを愛せるきっかけを作ってるだけなので」と話すと、SKY-HIが自分を愛せるきっかけになった曲である「New Verse」を導いた。時には自身へ問いかけ、時には周りに呼びかけ、1曲のなかにある物語を繊細に描いていく。客演としてeillも登場し、3年半の月日をお互いの声に重ねたのだった。

「カミツレベルベット 2020」では一人ひとりに目を合わせながら会場の端々まで手を振り、ラストには彼が怖かったときに作ったという「To The First」を投下。“君と”と差し伸べられた手は力強く、今のSKY-HIが仲間を得て恐怖の渦中から抜け出したことを感じさせる。「また会いましょう、愛してるぜ」と放ち彼がステージから去ったあとも、しばらく拍手は鳴りやまなかった。



<SETLIST>

1. Sky’s The Limit
2. 何様 FIRST TAKE Ver.
3. Mr Psycho
4. Sexual Healing
5. JUST BREATHE
6. Double Down
7. Snatchaway
8. Seaside Bound
9. Fly Without Wings
10. New Verse
11. カミツレベルベット 2020
12. To The First

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE