マリリン・マンソンの新作MVに、コートニー・ラヴがナース姿で出演

マリリン・マンソン最新シングル「タトゥード・イン・リバース」のMVが公開された

マリリン・マンソン新作アルバム『ヘヴン・アップサイド・ダウン』からの最新シングル「タトゥード・イン・リバース」。地獄の病院の患者に扮したマンソンが登場する不気味なビデオにコートニー・ラヴが出演。

新シングル「タトゥード・イン・リバース」のMVで、マリリン・マンソンは地獄の病院の患者で、リサ・マリー・プレスリーとコートニー・ラヴがカメオ出演している。

2014年に和解するまで、ホールのボーカリストとマンソンは長期に渡って敵対してきた。そんなラヴが、狂気が充満した病院内を移動するマンソンの車椅子を押すナースとして登場。そして、カルトな儀式、人間の生贄、人体実験など、悪魔的な医療行為が次から次へと、5分間に渡って容赦なく繰り広げられる。

「俺のナースにコートニー・ラヴを選んだのはだれだ? あ、それ、俺だった」と、ビデオの公開に先立ってTwitterで冗談を飛ばしたマンソン。

「タトゥード・イン・リバース」はマンソンの最新アルバム『ヘヴン・アップサイド・ダウン』からの最新シングルで、できたてホヤホヤのMVはファンの期待を裏切らない不気味な映像で溢れている。常に人々の不安を刺激するショック・ロッカーのマンソンは、2017年の10月と11月に朋友ジョニー・デップをフィーチャーした「セイ10」と「キル4ミー」のNSFWなMVを公開している(※NSFW:not safe/suitable for workの略、職場での閲覧注意の意)。

2018年の夏、マンソンは同じく90年代に大人気だったロブ・ゾンビと合流し、ツインズ・オブ・イーブル:ザ・セカンド・カミング・ツアーと銘打って、7月11日からスタートする全29公演の壮観なジョイント・ツアーを行う予定だ。

Translated by Miki Nakayama

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事