映画『七つの会議』、ボブ・ディランの名曲を使用したスペシャル映像が解禁

ボブ・ディランの主題歌起用も話題となっている『七つの会議』で主演を努めた野村萬斎(©2019 映画『七つの会議』製作委員会)

今週2月1日より全国公開を迎える、池井戸潤原作のヒューマンドラマ映画『七つの会議』。その主題歌として起用されたボブ・ディランの名曲「メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ」が彩るスペシャル映像が解禁となった。

『陸王』、『下町ロケット』、『半沢直樹』シリーズといった、企業の矛盾や働く人々の葛藤や絆など身近な視点を題材に、爽快でありながらエンターテインメントとミステリーが絶妙に融合した小説を生み続ける作家・池井戸潤。その作品群の中でも“傑作”として呼び声高いクライムノベル『七つの会議』が待望の映画化。

物語の舞台は、「結果がすべて」そんな考え方が今もなお続く中堅メーカー。きっかけは社内で起きたパワハラ騒動だったが、そこに隠されたある謎が、会社員たちの人生、そして会社の存在をも揺るがすことに……。主演は狂言界の至宝にして、俳優としても唯一無二の存在感を放つ野村萬斎。さらに、今までの池井戸作品を支えた重厚かつ、超豪華な俳優陣が勢揃いする。



今回、3か月間の期間限定で公開となった本作のスペシャル映像では、豪華俳優陣が織りなすストーリー展開に合わせて編集され、初公開となるシーンがふんだんに登場。プロデューサーの伊與田氏たっての希望で実現したディランの名曲「メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ」をバックに、壮絶なヒューマンドラマとしての期待値を高めてくれる映像に仕上がっている。

主題歌 「メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ」について
グラミー最優秀アルバム賞を受賞した『タイム・アウト・オブ・マインド』(1997年)に収録されたバラード。疲れ果て不信に満ちた者たちに癒しと力を与えるこの歌は、ボブ・ディランが低迷していた90年代、転機を迎えた時に生まれ、ビリー・ジョエル、アデル、エド・シーランらを始めとして数多くのアーティストがカヴァーしている名曲である。ノーベル賞受賞後初の来日公演となった2018年7月のフジロックでも、この曲を披露した。



<映画情報>

『七つの会議』本ポスタービジュアル

『七つの会議』
2019年2月1日(金)より全国ロードショー
監督:福澤克雄
原作:池井戸潤 『七つの会議』(集英社文庫刊)
出演者:野村萬斎、香川照之、及川光博、片岡愛之助、音尾琢真、藤森慎吾、朝倉あき、
岡田浩暉、木下ほうか、吉田羊、土屋太鳳、小泉孝太郎、溝端淳平、春風亭昇太、立川談春、
勝村政信、世良公則、鹿賀丈史、橋爪功、北大路欣也
©2019 映画『七つの会議』製作委員会 
http://nanakai-movie.jp/

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事