ロシア新興財閥オリガルヒの所有するスーパーヨットがドイツで押収

Getty Images



米上院により「プーチンの側近の中でも古参」とされ、2018年の海外腐敗行為防止法により経済制裁の対象となっていたウスマノフは、ロシアの鉄鉱石・鉄鋼生産大手メタロインベストや、ロシア通信大手メガフォン、中国の家電メーカーのシャオミといった数兆円規模の巨大企業やヨーロッパ中の企業の株式を大量に保有している。またフォーブス誌によるとウスマノフはFacebookの最初期に多額の投資を行なったともされている。

EUはロシアによるウクライナ侵攻を受け、制裁リストにウスマノフを含むオリガルヒたちを追加することを発表し、彼らのヨーロッパ大陸間の移動を禁止した。

また同日、米スポーツメディアESPNは、イギリスのサッカープレミアリーグに加盟するエヴァートンFCがウスマノフの所有する3つの企業とスポンサーシップを結んでいたことを報じた。先週末にはプーチンの側近の一人でオリガルヒのロマン・アブラモヴィチが、自らオーナーを務めていたプレミアリーグのチェルシーFCの売却を発表していた。

From:Russian Oligarch’s Superyacht Seized in Germany

Translated by Kazuhiro Ouchi

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE