ローリング・ストーンズ欧州ツアー初日、10年ぶりのダブリン公演レポート

現地時間5月17日、 2018年ヨーロッパツアー初日を迎えたザ・ローリング・ストーンズ (Photo by Charles McQuillan/Getty Images)


最初のピークが訪れたのは、ジミー・リードの「ライド・エム・オン・ダウン」のストーンズらしいワイルドなカバーで、ジャガーがハーモニカをかき鳴らしたとき。そのあと、ジャガーは「もう何百年も演奏していない曲」と前置きをして、『刺青の男』に収録のブルースの名曲「ネイバーズ」を演奏した。アルバムに収録されているよりも、やや長めの演奏。リチャーズとウッズがチャック・ベリーのフレーズを織り交ぜると、ワッツも思わず笑みがこぼれた(最後に彼らがこの曲を演奏したのは200年、「フォーティー・リックス」ツアーの時だった)。もう一つの山場は、「ミッドナイト・ランブラー」。ここまで抑え気味だったジャガーは、ステージの花道に歩み出て激しく上下にジャンプ。世にも恐ろしい物語を歌い始めた。他のメンバーは1か所に固まり、ディープなブルースのメロディにどっぷり浸っている。スタジアムをブルースのライブハウスに変えることができるのは、ストーンズを置いて他にいるまい。

ソロパートでは、リチャーズが珍しい1曲を披露した。激しい「ビフォー・ゼイ・メイク・ミー・ラン」のあと、いつもなら「ハッピー」へ続くのだが、この日はアコースティックに持ち替えて、『ヴードゥーラウンジ』のスロウなバラード「ザ・ワースト」を演奏した。「最初に言ったと思うが/おれは最悪なやつ/お前たちがつるむようなやつさ」と歌うリチャーズ。バックボーカルのバーナード・ファウラーのハーモニーにウッドのスチールギターが相まって、リチャーズのしわがれ声は深く胸に響いた。ウッドは昨年、肺がんの恐れがあることを公表したが、この日は非常に陽気で、キラキラ光るスニーカーを履き、最高のプレイを見せてくれた。

いよいよコンサートも大詰め。「ブラウン・シュガー」「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」に続き、激しい「ギミー・シェルター」。ステージには、ヒラリー・クリントンの大統領選挙キャンペンのスローガン「Stronger Together(一緒のほうが強い)」や、ウイメンズマーチを連想させる映像が投影された。最後の締めは「サティスファクション」。リチャーズは小さなギブソンのソリッドギターで演奏し、さらにガレージ感倍増。2012年、それまで活動を休止していたストーンズが50周年アニバーサリーツアーで久々に表舞台に現れたときは、これが見納めだろうなと思われた。だが彼らはそのあともコンスタントにツアーを続け、ブルースのカバーアルバムもリリース。噂では、2005年以来となるオリジナル楽曲のニュー・アルバムもリリースするそうだ。「どこまで進化できるか、見てみたいんだ」と、3年前ローリングストーン誌のインタビューでキース・リチャーズは語った。「バンドをこうしていきたいとか、特に何か目標があるわけじゃない。ただ、どこまでいけるか見てみたいのさ」。そう、昨夜の彼らはまだ旅の途中だ。



セットリスト
「悪魔を憐れむ歌」
「ダイスをころがせ」
「黒くぬれ!」
「Just Your Fool」
「ライド・エム・オン・ダウン」
「ネイバーズ」
「ワイルド・ホース」
「無上の世界」
「イッツ・オンリー・ロックンロール(バット・アイ・ライク・イット)」
「ホンキー・トンク・ウィメン」
「ビフォー・ゼイ・メイク・ミー・ラン」
「ザ・ワースト」
「ミス・ユー」
「ミッドナイト・ランブラー」
「スタート・ミー・アップ」
「ジャピン・ジャック・フラッシュ」
「ブラウン・シュガー」

アンコール

「ギミー・シェルター」
「(アイ・キャント・ゲット・ノー)サティスファクション」

Translated by Akiko Kato

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE