Tumblr、ついにアダルト・コンテンツを規制

Tumblr発展を助けたアダルト・コンテンツが規制されることとなった(Photo by Shutterstock)

2018年12月、Tumblrがついにウェブサイトからアダルト・コンテンツを締め出そうと動き出した。ポルノはTumblrの長期的な成功を牽引する重要なコンテンツだった。

ソーシャルメディア・ネットワークのTumblrは、アダルト・コンテンツを完全に締め出そうとしている。2018年11月中旬、同サイトへ違法アップロードされた児童ポルノが発覚した事件を受け、AppleはApp StoreからTumblrのプラットフォームを排除した。The Vergeが伝えたところによると、2018年12月17日よりTumblrユーザーは、露骨な性的表現やヌードを含むポルノ写真や動画、GIF等のコンテンツの投稿が完全に禁じられるという。ただし、古典芸術の彫像や、性行為の描写を含まないイラスト、文字による官能表現などは例外として許される。

Tumblrによる新たなポリシーは、ユーザーのアップロードするコンテンツに対する無干渉主義を貫いてきた方針を、大きく変えることとなる。The Vergeによると、Tumblrが正式にVerizonグループのOath傘下へ入った2017年6月中旬以降、Tumblrはコンテンツ規制を積極的に行うようになり、より厳格な規制も検討し始めたという。2018年2月、Tumblrは全てのユーザーの既定値を“セーフモード”に設定し、ユーザー側が自発的に設定を変えない限り、プラットフォーム上のアダルト・コンテンツを閲覧できないようにした。同年8月、Tumblrは新たなコミュニティ・ガイドラインを発表し、リベンジポルノ、ヘイトスピーチ、銃による暴力を称賛するようなコンテンツを禁じた。

2018年11月、Tumblrへの投稿に対する“定期監査”により、児童に対する性的虐待等をフィルタリングすべきデータベースをすり抜けたコンテンツの存在が発覚した。不快な同コンテンツは即刻削除されたものの、この事件とAppleのApp StoreからTumblrが排除された事を受け、Tumblrは急遽ポリシーを洗い直すことになった。

(本稿執筆現在)Tumblrのアルゴリズムによりアダルト・コンテンツを含む既存の投稿にはフラグが付いて非公開とされ、共有できないようになる。同時にユーザーに対しては、2018年12月17日以降フラグ付きの投稿は削除される旨の警告が伝えられる。削除されるまでの間にユーザーは、フラグが誤って付加されたものであると判断した場合には抗議することができる。またユーザーは、アダルト・コンテンツとしてフラグ付けされたブログ内のコンテンツを、削除される前にエクスポートできる。Tumblrは、新たなルールを遵守する限りブログの継続利用を許可する。

Translated by Smokva Tokyo

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事