女性から性転換した男性、米史上初プロボクサーとしてデビュー戦勝利

米史上初のトランス男性プロボクサー、スーパーフェザー級のパトリシオ・マニュエル(33歳)In The Works Media

スーパーフェザー級のパトリシオ・マニュエル(33歳)がアメリカ史上初のトランス男性プロボクサーとして試合を行った。「残酷で憎しみに溢れた言葉を容赦なく投げつける人々の中で生きてきた。そんな人生に怒りを覚えることすら連中の思う壺だから、俺は絶対にしない」と、プロボクサーのデビュー戦を勝利したパトリシオは語る。

パトリシオ・マニュエルは、2018年の最後の月に一つの歴史を作った。彼はアメリカ国内で行われたプロボクシングの試合で、女性から男性へ性転換したボクサーとして初めて試合を行ったのである。この試合はCalifornia State Athletic Commission(CSAC:カリフォルニア州運動委員会の意)によって認可された。CSACは近年アメリカ国内の格闘技規制の最前線をゆく団体だ。

33歳のマニュエルは女性として育ったが、子供の頃から自分は男だと信じていた。女性としてアマチュアボクシング選手権で何度か優勝し、2012年にはオリンピック選考大会に出場する資格も得ている。しかし、負傷によってこの機会を失い、これが大きなきっかけとなり、性別適合手術を受ける決断をした。

「俺はボクシングが大好きだったが、あの頃は自分の身体を見るのがいつも辛かった。そして『お前は誰だ? どうしたら満足できる?』と自問していた」と、マニュエルがNPR(ナショナル・パブリック・ラジオ)に語った。「いつも『ボクシングで幸せになれる』と思っていたが、ボクシングは俺にとってスポーツ以上のものだ。だから(負傷で)取り上げられたとき、俺は自分自身を見つめ直すしかなかった。そして『試合の勝ち負け以上の意味がボクシングにはある』と気付いたんだ」と。

それから少しして、マニュエルは医療による性転換に着手した。まずはホルモン治療を行い、次に乳腺を切除した。女性としての最後の試合から2年間でマニュエルは6,000ドル(約67万円)かけて乳房を切り取り、男性の胸部を造ったのである。彼の祖母がこの費用をすべて援助してくれた。

この手術がマニュエルのボクサー人生に予期しなかった影響を与えた。男性となったマニュエルは、それまで一緒に練習していたジムの仲間や関係者から疎まれるようになり、違うボクシングジムへ移籍する必要性をひしひしと感じたのである。彼が移籍したのがデュアート・ボクシングジムで、ここのトレーナーであるヴィック・ヴァレンズエラが快く受け入れて、練習しやすい環境を整えてくれた。

そして、マニュエルが試合に復帰したのは2016年だった。対戦相手を探すのが困難だったが、アマチュア戦で2回対戦し、両方とも接戦となり、審判の採点が分かれる結果となった。この結果を受けて、マニュエルはプロボクサーになる決断を下す。

Translated by Miki Nakayama

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事