チャッキーが蘇る『チャイルド・プレイ』最新予告編が公開

2019年度版『チャイルド・プレイ』予告編が公開された

ホラーの名作『チャイルド・プレイ』のリメイク版が今夏に公開される。あの殺人人形が帰ってきた。

1988年のホラー映画の名作『チャイルド・プレイ』がリメイクされ、殺人人形チャッキーが今年スクリーンに帰ってくる。映画の予告編第1弾で、ファンの皆さんにリメイク版の一部をご紹介。出演はオーブリー・プラザ、ガブリエル・ベイトマン、ブライアン・タイリー・ヘンリー。ただし、肝心の人形に関しては、詳しいことは明らかにされていない。

予告編は、新発売されるバディ人形の架空のコマーシャルでスタート。その後場面が転換し、運悪く(おそらく悪霊に取りつかれた)不良品を手にしてしまった家族が映し出される。予告編ではチャッキー本人の姿は影に隠れていて、あの残忍な表情は雰囲気しかわからない。だが、プラザ演じる母親をはじめとする複数の登場人物が、危機一髪の状況に陥ることははっきりわかる。

「彼は単なる人形ではなく、あなたの親友です」といううたい文句の本作は、ラース・クレヴバーグが監督をつとめ、数々の続編を生んだトム・ホーランドのオリジナル版に新たな息吹を吹き込んだ。『チャイルド・プレイ』の公開は全米で6月21日。劇場に再び悪夢がやってくる。

Translated by Akiko Kato

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事