「趣味は音楽フェス」堀田茜が語る、Love Supreme Jazz Festivalの魅力と音楽愛

「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」のアンバサダーを務めるモデルで女優の堀田茜(Photo by Mitsuru Nishimura)

2013年にイギリスでスタートし、ジャズフェスとしてはヨーロッパ最大級の動員を誇る野外フェスティバルへと成長した「Love Supreme Jazz Festival」が、5月14日(土)、15日(日)に埼玉・秩父ミューズパークで開催される。

新型コロナウイルスの感染拡大により昨年は中止を余儀なくされてしまったが、仕切り直して第一回となる今回はヘッドライナーを務めるDREAMS COME TRUE featuring上原ひろみ/クリス・コールマン/古川昌義/馬場智章、ロバート・グラスパー、セルジオ・メンデス、SOIL&“PIMP”SESSIONSを筆頭に、SIRUPやWONK、Vaundy、Ovallなど今をときめくアーティストも参加し「ジャズ」を再定義するような順当と意外が混じり合ったユニークなラインナップとなった。そこで今回Rolling Stone Japanでは、昨年に引き続きアンバサダーに抜擢されたモデルで女優の堀田茜にインタビュー。「趣味は音楽フェス」と公言する彼女に、「Love Supreme Jazz Festival」の見どころやフェスの楽しみ方について聞いた。

──今年の「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」も引き続きアンバサダーに抜擢された、今の心境からお聞かせください。

堀田:昨年、延期が決まった時は本当に残念でした。状況が状況だけに仕方ないこととは思いつつ、「このままなくならないでほしい」と願っていましたので、今年また開催が決まり、アンバサダーとしても続投させていただけたことは本当に嬉しいです。1年間グッと堪えて待ちに待った分、今回はより一層楽しめると思い、今からワクワクしていますね。

>>関連記事:新世代ジャズフェス「LOVE SUPREME」迷わず行くべき3つの理由

──改めて「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」のアンバサダーに就任された心境についてもお聞かせいただけますか?

堀田:フェスやライブイベントのアンバサダーってあまり耳にしたことがなかったですし、自分の仕事としても初めてのことなのですごく嬉しかったです。こんな機会はもう二度とないと思うので、当日を存分に楽しみたいと思っています(笑)。


Photo by Mutsuru Nishimura

──「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」は2013年にスタートし、毎年7月にイギリスのイースト・サセックスで開催されているヨーロッパ最大規模の野外ジャズフェスティバルです。堀田さんはどんなイメージを持っていますか?

堀田:海外のフェスはまだ行ったことがないのですが、写真や映像などで見る限りすごく開放的で「いつか行ってみたいなあ」とずっと思っていました。「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」は、そんな海外フェスの中でも「品格」があるというか。その上で人々が自由に音楽を楽しんでいる感じがします。

──堀田さんはジャズにも興味がありますか?

堀田:昔から両親がラジオなどでブラックミュージックを好んで聴いていたので、私も幼い頃から聴き馴染みがありました。今、自分がこんなに音楽好きなのもその時の影響は大きいと思いますね。コミックの『BLUE GIANT』も愛読していて、それでジャズの世界に興味を持ったのもありましたね。最近はロックっぽいものを中心に聴いていましたが、せっかくの機会なのでジャズを聴き直してみたら、「なんてかっこいいんだ!」と改めて感動しました。

──日本版「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」は、「ジャズ」という定義を拡張するような幅広いラインナップになっていますよね。特に気になるアーティストはいますか?

堀田:まずはドリカム(DREAMS COME TRUE)。実はまだライブを生で観たことがないのですが、ジャズフェスで彼らがどんなステージを見せてくれるのか……今回は上原ひろみさんと13年ぶりの共演を果たすということで、さらに楽しみですね。それから「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」の顔ともいえるSOIL&"PIMP"SESSIONSのステージももちろん楽しみですし、普段からよく聴いているSIRUPさんやWONK、Ovallのライブも期待しています。海外勢ではセルジオ・メンデスやロバート・グラスパーも観てみたいですね。私はジャズについて語れるほどの知識があるわけではないのですが、素人が見ていても自由に音楽を楽しんでいるアーティストばかりですし、そういう意味でも「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」という名にふさわしいラインナップだなと改めて思います。

>>関連記事:WONK、ロバート・グラスパーという「青春」を振り返る

──セルジオ・メンデスもお好きなのですね。

堀田:子供の頃、毎週通っていた歯医者さんでセルジオ・メンデスが流れていて(笑)。その時から「かっこいい音楽だなあ」と思っていました。彼のステージを野外で観られるなんてすごく贅沢だなあと思います。


Photo by Mutsuru Nishimura

──それにしても堀田さんは、本当に幅広く様々なジャンルの音楽を聴いているのですね。

堀田:音楽への好奇心はかなり強く、アンテナも常に立てていますね。買い物していてもロケバスに乗っていても、好きな感じの音楽が聞こえてくると例えどんなに疲れていたとしてもピン!と目覚めてすぐにShazamして、そこから深掘りしていくのが楽しくて仕方ないんです。音楽好きの友人やヘアメイクさんから最近のおすすめを聴くのも毎回楽しみ。音楽の情報を集めるのは全然苦にならないですし、好きな音楽が見つかった時の興奮は何ものにも代えがたい。一気にアドレナリンが湧き立つんですよね(笑)。

──しかも「趣味は音楽フェス」と公言するくらい、さまざまなフェスに行っているそうですね。最初のフェス体験というと?

堀田:2014年のロック・イン・ジャパン・フェスティバルです。当時まだ大学生だった私は友人に連れられて行ったのですが、野外で好きな音楽を聴きながら好きなお酒を飲んで、美味しいご飯を食べて。しかも音楽好きの人たちと同じ空間を共有できることが、本当に楽しくて衝撃を受けたことを今でもはっきり覚えています。

──お気に入りのフェスや、特に印象に残っているエピソードは?

堀田:「りんご音楽祭」や「オハラ☆ブレイク」「Sweet Love Shower」あたりは自然もたくさんあって、規模もちょうど良くて気に入っています。雨が降っていたとしても、それさえも楽しめるくらい心が開放的になるんですよね。以前、UAさんが「りんご音楽祭」に出演された時は土砂降りの雨だったんですけど、まるで演出のように感じるくらい良かったです(笑)。それと初めて「Sweet Love Shower」に行った時は、サカナクションの演奏と照明、それにリンクするように月がものすごくキレイで涙が出るくらい感動したのを覚えています。


Photo by Mutsuru Nishimura

──では最後に、日本で初めて開催される「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」のアンバサダーとして読者にメッセージをお願いします。

堀田:初めてのフェスに行く時ってすごくワクワクしますよね。どういうロケーションで、どんなステージにどんなアーティストが出るのかな?って。今までのフェスとは違う唯一無二の魅力があると期待していますし、私自身も「ジャズ」という言葉の先入観にとらわれることなく五感を研ぎ澄ませて存分に味わいたいと思っています。ずっとフェスに行けない日が続いてストレスフルでしたので(笑)、それも発散させたいですよね。

フェスって本当にいろんな人が、いろんな背景を持ってそこに集まってくる。そこが普段のライブと大きく違う部分だし、一度その自由な空間を味わってしまうと絶対にクセになるし、通っているうちに自分なりの楽しみ方も見つかってきてさらに楽しみが増えていくんです。「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」は都心からもアクセスしやすく、「ジャズフェスって敷居が高いのでは?」と思っている方も絶対に楽しめると思うので、ぜひ遊びにきてください!




LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL JAPAN 2022

2022年5月14日(土)、15日(日) 埼玉 秩父ミューズパーク

5月14日(土)
出演:DREAMS COME TRUE featuring 上原ひろみ, Chris Coleman, 古川昌義, 馬場智章 / セルジオ・メンデス / SIRUP / Ovall - Guest : SIRUP, さかいゆう, 佐藤竹善(Sing Like Talking) / aTak /チョーキューメイ / kiki vivi lily
DJ:YonYon / 松浦俊夫 / 沖野修也(KYOTO JAZZ MASSIVE / KYOTO JAZZ SEXTET) / Licaxxx

5月15日(日)
出演:ロバート・グラスパー - Robert Glasper (key) / David Ginyard (b) / Justin Tyson (ds) / Jahi Sundance (DJ) / SOIL&”PIMP”SESSIONS - Guest : SKY-HI、Awich、長塚健斗 / Nulbarich / Vaundy / WONK / Answer to Remember - Guest : KID FRESINO, ermhoi, Jua, 黒田卓也 / Aile The Shota
DJ:柳樂光隆(Jazz The New Chapter) / DJ To-i(from DISH//) / DJ Mitsu the Beats / みの

チケット購入:https://eplus.jp/lovesupreme/
公式サイト:https://lovesupremefestival.jp



衣装協力/Y’s スタイリスト/津野真吾(impiger)

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE