米国でセックス危機? 高まる男性側の不満の訴え

デートアプリが席巻し、多くの都市では男性の人口比率が激減している(Photo by Shutterstock)

デートアプリが席巻するこのご時世、多くの都市では男性の人口比率が激減し、女性たちは仕事や性的な自立を求めて晩婚化する中、一部の男性が貧乏くじを引いているとしても無理はない。新たな調査結果によると、以前にもまして若者、とくに男性がセックスをしなくなっていると言う。

インターネットにおけるストレートの男性の人口比率に注目してみると、アメリカは危機に瀕している――オピオイド中毒や学生ローン、性的虐待や警察の銃撃事件、有色人種の低所得層に対するヘルスケア問題や、気候変動とは全く関係がない。真の危機は、男性がセックスしなくなっているということだ。そして男性側も、なんとかしてくれと訴えている。

もちろん、この問題自体は決して真新しい話でもない。インターネットは常々、あらゆる年代、あらゆる性別の人々に、人生の様々な局面における怒りや不満をぶつける場を提供していて、そうした不満には満足できないセックスライフも含まれている。だが、若い白人男性の主張がますます声高になり、欲求不満が惨事を引き起こすことが判明している中、新たな調査結果が発表され、男性陣の不満を勢いづかせている。

シカゴ大学の総合社会研究センターが発表した調査結果によると、調査対象となったアメリカ人のおよそ1/4つまり成人の23%が、この1年セックスしていないと答えた。セックスをしていない成人の割合が9%だった2008年から、大幅に増加している。こうした傾向はとくに18~30歳の若い男性の間で顕著にみられ、若い男性の28%がこの1年セックスをしていないと答えたという。これに対し、若い女性の場合は18%だった。

こうした減衰傾向の理由ははっきりしないが、調査内容を報じたワシントンポスト紙の記事は、いくつかの考えられる理由を挙げている。ひとつには、スマートフォンが広く普及したこと(多発する怪しげなセックスやデートの要因としてしばしばやり玉にあがっている)。もうひとつは、比較的簡単にアクセスできるインターネットポルノの台頭。それから、以前よりも親と同居する若者が増えたこと(しいていうなら、勃起キラーとでもいおうか)。それに、いわゆる「セックス日照り」現象を裏付けるデータが出てきたのも、今回が初めてではない。昨年ジ・アトランティック紙のケイト・ジュリアン氏は、20代前半の若者が親世代と比べて2.5倍も禁欲傾向にあると示唆するデータを引き合いに出し、ミレニアル世代が「セックス不況」に陥っていると論じた。たしかに、この主張は筋が通っている。デートアプリが席巻するこのご時世、多くの都市では男性の人口比率が激減し、女性たちも次第に仕事や性的独立を求めて晩婚化している。そんな状況では、貧乏くじを引く男性が出てくるのもうなずける。

Translated by Akiko Kato

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE