THE BAWDIES、ツアーファイナルで描いた笑顔のロックンロール

THE BAWDIESの「BLAST OFF! TOUR 2021-2022」ツアーファイナル(photo by 山川 哲矢)

THE BAWDIESが、約2年ぶりの全国ツアー「BLAST OFF! TOUR 2021-2022」を開催。ツアーファイナルとなる公演を、2022年1月30日東京・Zepp DiverCity TOKYOにて開催した。

新型コロナウイルスの影響により、ツアー途中にて開催断念となった前作リリースツアー「Section #11 Tour」の想いを引き連れての開催となった本ツアー。ここでは以下にオフィシャルライブレポートを掲載する。

関連記事:THE KING OF ROOKIEが語るロックンロール、個性はバラバラだけど音楽で繋がる絆

昨年9月22日にリリースした8thアルバム『BLAST OFF!!』をひっさげ、全国を回って来たTHE BAWDIESが1月30日、東京に戻ってきた。

お台場のZepp DiverCityで行われたツアー27本目となるファイナル公演は、ジャケットにロケットのイラストをあしらった『BLAST OFF!!』同様、「5-4-3-2-1 Blast off!!(発射)」というカウントダウンから、アルバムのオープニング・ナンバー「YA! YA!」でスタート。

TAXMAN(Gt/Vo)とJIM(Gt/Cho)が奏でるリフが絶妙に絡み合うTHE BAWDIESの真骨頂とも言えるロックンロール・ナンバーに1階席はもちろん、2階席まで早くも総立ちの観客が手拍子で応えると、「今夜は思いっきりBLAST OFFしてください! このロケットに乗り込んでください。飛び立ちますよ!」とROY(Vo/Ba)が客席を煽るように声を上げ、バンドはMARCY(Dr/Cho)の力強いドラムとともに「OH NO!」「BLUES GOD」とタフなロックンロール・ナンバーをたたみかけたのだから、客席の温度が上がらないわけがない。


ROY(photo by 山川 哲矢)

「戻ってきました! もう感動しかない」(ROY)。ツアーが完走できる歓びに加え、「みなさんの目の前で演奏できるありがたさを、このツアー中、改めて感じさせてもらいました」とROYが語ったのは、前作『Section#11』のツアーがコロナ禍の影響で中断してしまったからだ。

「前作を伝えきれない悔しさがありました。でも、我々はどんな時でも止まらず、転がり続ける姿が光や希望になるんじゃないかと考えるロックンロール・バンド。ツアーができないなら、もっと素晴らしいアルバムを作って、みんなに届けるべきじゃないか。『BLAST OFF!!』は、そんなポジティブなエネルギーが充満したアルバムです」(ROY)

そういうアルバムをひっさげ、全国を回った手応えが、ROYが言ったこの言葉だったのだろう。「脂の乗り切ったTHE BAWDIESを堪能してください!」

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE