AKIRA with THE ROCKSVILLEがロックンロールをアップデートする理由

AKIRA with THE ROCKSVILLE

Luv-Enders(ラヴェンダーズ)のボーカリストAKIRAによる初のソロ・プロジェクト、AKIRA with THE ROCKSVILLEが、1st アルバム『L.U.V』を2021年12月9日にリリースする。

KOZZY IWAKAWA(THE MACKSHOW, THE COLTS)全面プロデュースのもとで制作された今作は、オリジナル7曲、カバー3曲で構成されたDISC-1とクリスマスソングを集めたDISC-2の2枚組アルバム。50~60年代のロックンロール、パンクロックのカバーを中心としたこれまでの作品とはガラリと印象が変わり、ヒップホップからの影響が色濃い楽曲など、20代のアーティスト・AKIRAの感性がKOZZYの百戦錬磨のサウンドアプローチで引き出された傑作となっている。じつの親子でもある2人に、今作を取り巻くエピソードについて、レコーディングが行われたROCKSVILLE STUDIOにて語ってもらった。

関連記事:『ザ・ビートルズ:Get Back』は期待以上に最高だった 絶対に見ておくべき理由とは?

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE