Saucy Dog、3人で辿り着いた初の大阪城ホール公演

Saucy Dog (Photo by 日吉”JP”純平)

Saucy Dogが6月16日、大阪・大阪城ホールで初のアリーナツアー『Saucy Dog ARENA TOUR 2022 “Be yourself”』ファイナル公演を開催した。同公演のオフィシャルレポートを掲載する。

6月9日・10日の東京・日本武道館、14日の愛知・ガイシホールを経た終着点である大阪城ホールは、ステージ後方に壁どころかバックドロップもなく、バンドの一挙一動を360°から見渡せるようなレイアウト。開場中にはSaucy Dogが影響を受けてきたであろうフェイバリットアーティストの楽曲がBGMとして流れ、開演が近づくにつれそれが波の音へと切り替わる。みるみるうちに埋まっていく客席からこぼれる期待感と緊張感にシンクロするように、激しさを増していくSEの荒波。舞台上に吊るされた三面スクリーンには深い海へと落ちていく楽器の映像が映し出され、石原慎也(Vo, G)が一撃でライブの始まりを告げるソリッドなギターをかき鳴らす! 1曲目の「BLUE」からどこまでも伸びやかなボーカルを広大な大阪城ホールに響かせ、まるで海の中のようなスモークが漂う幻想的な光景に石原とせとゆいか(Dr, Cho)のコーラスが溶け合う、神秘的で力強いオープニングだ。

関連記事:矢沢永吉と今市隆二のW表紙、RSJ次号でフジロック・サマソニ大特集

石原が「Saucy Dog初めてのアリーナツアー、”Be yourself”始めます!」と改めて開幕ののろしを上げ、貫く閃光が映えた『メトロノウム』に「僕が言われて悔しかった言葉」と導いた『煙』、切なさと甘酸っぱさが共存するポップソング『シーグラス』と、彼らをここまで連れてきた珠玉のグッドメロディを連発。さらにライブの定番曲『雀ノ欠伸』、地元大阪のFM802で2018年5月度ヘビーローテーションに選ばれた『真昼の月』と、曲名がごとくまばゆいミラーボールに照らされながら躍動感いっぱいに盛り上げ、石原はこう語る。

「すごい景色じゃない!? 武道館2DAYS、ガイシホールがありまして、1日の最大キャパがここ大阪城ホールで。たくさんの人が来てくれて、後ろの方まで本当にありがとう! 背中を見せてしまうって今までにしたことがないやん? よくゆいかの方を見て変顔してたのもできひんね(笑)。僕たちは大阪で結成したバンドで、こうやって帰ってこれて、大阪城ホールでワンマンライブができるのが本当にうれしいです。ツアータイトルの”Be yourself”は、自分らしく、あなたらしくという意味なんですけど、明日からも頑張っていこうとちょっとでも思えるようなライブができたらなと思ってます。何度も間違えて、ずっと後悔してるんじゃなくて、何度間違えても、次に進んでいこうという曲ができました」

ツアータイトルと同名であり、新曲の『Be yourself』は、目の前にいるオーディエンスはもちろん、今Saucy Dogにこんな絶景を見せてくれている全てのファンにささげるようなメッセージに胸を打たれる一曲で、新たな代表曲となるポテンシャルも十分。『シンデレラボーイ』では、サビで火柱が上がる特効でも魅せ、胸を締め付けられるあのざわめきを呼び起こすラブソング『今更だって僕は言うかな』には、息をのむような熱い視線が観客から注がれる。たった3人で大阪城ホールを見事に鳴らし切る姿からも、Saucy Dogがこの景色にたどり着くまでにかけた時間がにじみ出る。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE