米HBOが起用した「セックスシーン専門コーディネーター」のお仕事

HBOのドラマ「DEUCE/ポルノストリート in NY」のセットにて。キャンディ役を演じるマギー・ギレンホール。(Photo by Paul Schiraldi/HBO)



しかし、今シーズンの「DEUCE」は違った。ミードがひざまずくすぐ側にアリシア・ローディスという女性がモニターを監視していたのだ。ローディスはHBOが起用した初のインティマシー・コーディネーターだ。ローディスは硬い床にひざまずいてアザをつくらないように、とミードに膝当てを手配した。撮影の合間にはミードのためにマウススプレーや味付き潤滑ゼリーなども準備した。撮影前も、ローディスはミードと話し合い、ミードの不安を監督に伝えた。フルヌードの状態でも、側にいるローディスがプロとして身体的にも社会的にもミードを守ってくれたのだ。

今回の歓迎すべき変化は、ミード自身が発案したものでもあった。昨年の冬、とりわけハリウッドを中心に巻き起こった性的暴力やレイプ文化に対する反対運動のなか、ミードは自らHBOの幹部たちに改革の必要性を訴えた。セックスシーンを撮影するときは自分を見守ってくれる擁護者のような存在が必要、というのが彼女の主張だった。

ミードの願いは聞き入れられた。それだけではない。HBO幹部は、舞台や映画でのセックスシーンをめぐる基準や実践の規格化を目的に2016年にローディスが共同設立したIntimacy Directors Internationalを通してローディスに声をかけた。ローディスを起用したことのインパクトはあまりに大きく、制作総指揮者のデイヴィッド・サイモンは9月に行ったローリングストーン誌のインタビューで、インティマシー・コーディネーターなしでの撮影は今後一切行わないと断言したほどだ。こうした流れとともに、HBOは同放送局が手がける番組や映画の親密なシーンの撮影には、必ずローディスのようなインティマシー・コーディネーターを立ち会わせる方針を固めた。「DEUCE」に限らず、ローディスははやくもデイモン・リンデロフが指揮を務める「ウォッチメン」シリーズの最新作「Crashing」や「デッドウッド 銃とSEXとワイルドタウン」の映画版を監修する一方、彼女が育成したコーディネーターも前科のある女性が主人公のドラマ「Jett」や高校生を描いた成長ドラマ「Euphoria」のセットで活躍している。

12年前からニューヨーク・シティで活動しているローディスは、オハイオ州クリーブランド出身の元俳優だ。主にスタント俳優や格闘シーン監督として活躍したローディスには、動きを専門とする経験があった。インティマシー・コーディネーターになる前は、心理学者、芸能関係の弁護士、ソーシャルワーカー、プロのセックスワーカーなどの意見を聞きながら訓練を積み、セックスシーンにも格闘シーンと同様の緊張感と落とし穴があることや関係者を身体的かつ精神的に守ることの重要性を訴え続けてきた。ミードはローディスを自分や他の俳優を守ってくれる「セットのお母さん、あるいはお姉さんのような存在」と表現する。演劇の世界では、数年前からこうした役割はあったものの、映画やテレビの世界では比較的新しい存在だ。

Translated by Shoko Natori

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE