miletが赤裸々に語る「不安」との戦い、ファンの支えで再発見した自分らしさ

milet(Courtesy of SMEレコーズ)


miletにとっての2020年とは?

―実際、「miles」やTwitterでのやり取りを覗いていると、miletさんに対するファンの愛情や理解がずいぶん深いなって思うんですよね。「ファンはアーティストを映す鏡」という言葉もあるように、そういうファンの存在は自分のやってきたことの裏返しとも言えるわけで。

milet:本当ですね。自分が想定していた以上のことまで分析したり、言葉を汲み取ろうとしたりしてくれるのが嬉しくて。私としてはアーティストとして見てもらいつつ、人としても見てもらえているのが一番嬉しいんですよ。曲を聴いてもらえるだけでもありがたいのに、その曲を作る私のことまで愛してくれる人が本当に多くて、こんなにたくさんの愛をもらっていいのかなって思うくらい。そうなると、この人たちに感動してもらうために曲を作ろうという気持ちも湧いてきますよね。

ただ、そこのバランスは難しいところもあって。喜んでもらいたくて作る音楽と、自分のアートとして作る音楽は少し違ったりもするので。もちろん、私の曲でも変わり種のほうを好む人もいるし(笑)、まだ時間はたくさんあるので、これから何曲も作ってお互いの接点を探り合いながら仲良くしていこうやって感じです。

―今回のEPでも、3曲目の「One Touch」と4曲目の「Ashes」を同じ人が歌ってるわけですからね。

milet:そうそう、また天国と地獄みたいな感じ。『eyes』でいうと「STAY」から「Dome」の流れも自分では気に入ってたんですけど、「これはねえだろ」っていう人もいて(笑)。でも、ハイもあればローもある、テンションの極端なところも私らしさだと思うんです。さっきファンの話をしていたときはめっちゃテンション高かったのに、家に帰ると部屋の隅っこでどん底みたいな(笑)。

―振れ幅に人柄が出ていると(笑)。ポップで軽快な「One Touch」は自分のなかでどういう位置づけの曲ですか?

milet:「You & I」に続いて花王「フレア フレグランス」のCMのために作った曲で、歌詞でもあの曲を匂わせたりしつつ、続編みたいなイメージで作りました。あとは石原さとみさんと永野芽郁さんが出演している映像を先に見ながら「これはラブリーじゃないといかんな」と思って。サビは女の子らしくしつつ、他のパートは重心を低くするという「us」でも使った手法を取り入れています。そういうバランス感が私は好きなんですよね。



―かたやダークな「Ashes」の歌詞には、“Life is f**king tragic”なんてくだりもありますが。

milet:初めて歌っちゃいましたー、Fワード(笑)。

―ははははは!

milet:実はちょっと歌ってみたかったんですよね。これはアメリカ人のミック(Mick Coogan)と作った曲で、最初は入れないつもりだったんだけど、ミックが「f**king入れようよ!」と言い出して。「Fワードデビューだね!」と謎に盛り上がってしまいました。ひとつ大人になったというか、Fワードの壁というのはありますよね。下品な言葉かもしれないけど、爆発的な感情を強調できるのも事実で。ただイキるだけではなく、曲の世界観を一つ押し上げるためのFワードで、自分の殻を破るうえでも大きかったです。

―では最後に、昨年に続いてこの一年を振り返ってもらえますか?

milet:得たものと失ったものが同じくらい大きかったですね。本当に取り戻せないものもあるけど、今までにないくらい大きなものを与えてもらった年でもある。あとはツアー中止が決まったときなど、抜け殻みたいになることが何度かありました。でも有り難いことに、音楽の力で立ち直らせてもらったり、周りの仲間ががんばっている姿に勇気をもらったりして。そこから作った音楽が自分の財産になったし、それを多くの人たちに喜んでもらえたことが私にとっても何よりのプレゼントでした。

その話でいうと、このあいだ「OSAKA GENKi PARK」に出演して、久しぶりにみなさんの笑顔を見ることができたのは嬉しかった。私はステージに立つと緊張で頭が真っ白になるんですけど、あのときの笑顔は本当に忘れられなくて。今年は大変だったけど、がんばって前を向いてきたことへのご褒美だった気もするし。そんなふうに歩いてきた一年でした。


―12月5日には、miletさん初の有料生配信ライブ「milet ONLINE LIVE “eyes” 2020」が控えています。

milet:これはもう今年の総括ですね。今まで披露できなかった『eyes』の曲を歌えるのが本当に嬉しくて。みんなになかなか会えなかったぶん、伝えたかった想いが溢れ続けているので、一人一人に語りかけるようなライブにするつもりだし、それを受け止めてもらえたら嬉しいです。あとは配信ライブなので、呑んだり食べたり踊ったり自由に楽しんでもらいたいですね。

―この日は本編終了後、ファンクラブ会員限定で視聴できるアンコールもあるんですよね?

milet:そうなんですよ! 何をやるかは迷うところですけど、「miles」に入ってくださっているのはディープな方々が多いだろうから(笑)。ファンクラブのスペシャル企画第1弾として楽しんでもらえたらと思ってます。



milet
EP『Who I Am』
2020年12月2日リリース
CD購入/DLリンク:https://milet.lnk.to/Who_I_Am


初回生産限定盤(CD+DVD)
価格:1,700円+税


通常盤(CD only)
価格:1,400円+税

DISC 1(CD)
1. Who I Am
2. The Hardest
3. One Touch
4. Ashes
5. Grab the air -Reprise- Remixed by Masayuki Nakano (BOOM BOOM SATELLITES)

DISC 2(DVD)
1. 「One Touch」MUSIC VIDEO
2. 「Until I Die」MUSIC VIDEO
3. 「Grab the air」MUSIC VIDEO(TV edit)


milet ONLINE LIVE "eyes" 2020
配信日:2020年12月5日(土)
OPEN 19:00 / START 20:00
チケット販売URL:https://fc.milet.jp/miletonlinelive_eyes_2020/

一般チケット:¥3,850(税込)
販売期間:2020年11月29日(木)0:00~12月8日(火)17:59
※早割りチケットは販売期間終了
アーカイヴ配信期間:
公演終了後、アーカイヴ配信開始〜12月8日(火)23:59まで

miletオフィシャルモバイルファンクラブ『miles』
https://fc.milet.jp/

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE