ローリングストーン誌が選ぶ「2018年ベスト・アルバム」トップ50

ローリングストーン誌が選ぶ「2018年ベスト・アルバム」トップ50

パーティに欠かせないラテン系ポップアクト、フェミニズムの伝道師たる女性ギタリスト、ヒップホップの新時代を切り拓く革命児まで、次々と登場した新星たちがシーンを賑わした2018年をローリングストーン誌が総括。今年のベスト・アルバム50枚はこれだ!

今年の音楽シーンは例年にも増して新鮮さに満ちていた。スーパースターによる特大ヒットが生まれなかった代わりに、若い才能が然るべき評価と注目を集めた。野心的なラテン・ポップ、極彩色のサザン・ラップ、ジェネレーションZ流インディ・ロック、従来の枠にとらわれない奔放なカントリーまで、様々なスタイルがシーンを豊かに彩った。プリンスの変幻自在のクリエイティビティをアップデートしてみせたジャネール・モネイ、ヒットチャートにパーソナルな要素を持ち込んでみせたアリアナ・グランデやカミラ・カベロ、ポール・マッカートニーやエルヴィス・コステロ、デヴィッド・バーンやジョン・プラインをはじめとする、挑戦的で洞察力に富んだ作品を送り出したベテラン勢、そして唯一無二の個性をさらなる高みに到達させてみせたドレイク等、2018年の音楽シーンは何が起きてもおかしくない現在の状況を体現していた。米ローリングストーン誌のライター、エディター陣が選んだ今年のベスト・アルバム50枚をランク付けする。

50位 CupcakKe『Ephorize』
49位 エスペランサ『12 Little Spells』
48位 ザ・カーターズ『エヴリシング・イズ・ラヴ』
47位 ファーザー・ジョン・ミスティ『ゴッズ・フェイヴァリット・カスタマー』
46位 スリープ『The Sciences』
45位 ロビン『Honey』
44位 ジェフ・トゥイーディ『Warm』
43位 リル・ウェイン『Tha Carter V』
42位 アシュリー・マクブライド『Girl Going Nowhere』
41位 アマンダ・シャイアス『To The Sunset』
40位 パーケイ・コーツ『Wide Awake!』
39位 ナイン・インチ・ネイルズ『バッド・ウィッチ』
38位 エリック・チャーチ『Desperate Man』
37位 ティエラ・ワック『Whack World』
36位 スティーヴン・マルクマス&ザ・ジックス『Sparkle Hard』
35位 エルヴィス・コステロ『ルック・ナウ』
34位 コートニー・バーネット『Tell Me How You Really Feel』
33位 ネコ・ケース『Hell-On』
32位 デヴィッド・バーン『アメリカン・ユートピア』
31位 ロザリア『El Mal Querer』
30位 Free Cake for Every Creature『The Bluest Star』
29位 スーパーチャンク『ホワット・ア・タイム・トゥ・ビー・アライヴ』
28位 フローレンス・アンド・ザ・マシーン『ハイ・アズ・ホープ』
27位 ノーネーム『Room 25』
26位 スネイル・メイル『Lush』

※26位〜50位の画像はこちらをチェック。

Translated by Masaaki Yoshida

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事