FAKYのAKINAが語る、洋楽とJ-POPの表現、セルフプロデュースの強み

AKINA(Courtesy of avex)



恋愛体験をさらけ出して書いた「Stupid, Careless, Dumb」

—AKINAさんが書いた「Stupid, Careless, Dumb」は歌詞がけっこう暗いじゃないですか。

AKINA:暗いです(笑)。

—海外のR&B歌手に多いですけど、ある種セラピー的な感じで己の痛みを歌にしてるような。

AKINA:R&Bは普段からよく聴くんですけど、相手のせいにする曲が多いなって思ったときがあって。この曲のストーリーは、自分が悪かったってところがベースにあるんです。「自分のせいだった」って言ってる曲って、私はあまり聴いたことなかったので。この曲は自分が悪かった、自分のしたことは間違っていたと言っている曲です。

—自分を大事にしてあげてっていうよりは、とにかく私のせいなんだって自分を責める曲というのが面白くて。

AKINA:そうですね(笑)。

—自分の中でここまでさらけ出して書くのは、勇気がいったんじゃないですか?

AKINA:FAKYで先日出した新曲「Sayonara My Ex」で、メンバーみんなで自分の過去の恋愛経験を書いたんです。私のセクションは、実は今回の曲と同じ人について書いた歌詞なんですけど、「Sayonara My Ex」の方は私らしい歌詞で、割と明るい。ビタースウィートで、素敵な恋愛だったってことを表現したくて。今回の曲も同じ恋愛について書きたかったんですけど、素敵な恋愛だったけどあの時は気づけなくて、全部私が悪かったっていう側面について書いてみました。内容は違うんですけど同じ人について書いてる歌詞で、一つの恋愛の両面が見せられるような内容にしたいなって思ったんです。

─なるほど。リリックを考える際は、楽しかった思い出を浮かべるより、悲しかった出来事の方が浮かびやすいですか?

AKINA:歌詞にしたその恋愛は本当に楽しいことしか浮かばなくて、だからこそうまくいかなくなってしまったのが、ほんとにしんどかったっていう。今になってから気づけたことなんですけど。

—深いですね(笑)。

AKINA:深いんです(笑)。

—楽しいことしかなかったからこそ、別れた今になってみて、なんて自分は馬鹿だったんだと気づく。でもその気持ちを歌にすることによって、自分の中でクリアにできた部分があるんじゃないですか?

AKINA:めちゃくちゃあります。頭の中では、ああ馬鹿だったって思えるんですけど、それを人の前で出すのはちょっと恥ずかしいじゃないですか。私と同じような気持ちを味わってる人に聴いてほしいです。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE