野田洋次郎とAwichが語る、RADWIMPS「SHIWAKUCHA feat. Awich」で炸裂させた、どん底からの叫び

野田洋次郎・Awich(Photo by Maciej Kucia, Styling by Masataka Hattori)野田:シャツ ¥52,800/BED j.w. FORD(BIRTHLY CO.,LTD. TEL:03-6432-9313)、Awich:ニット ¥56,100/Palm Angels(idea by SOSU TEL:03-3478-3480)



「全国民がAwichの虜になるべき」(野田)

—コロナ禍以降、感情を吐き出す表現のアプローチも変わりましたか?

野田:どうなんだろう。でも今回のアルバムはコロナの間につくってたので、暗いことばっか言ってたくねぇ!みたいな気持ちにはなって。すごく希望に向かってつくってたかなって気はします。自然と光に向かってリリックを書いてたのかなって、いま聴き返してみてすごく思いますね。こんだけみんな散々な目にあってるのに、より散々なことを言いたくないっていうか。昔は幸せなぬるま湯の中にいたから、穿った見方して、世の中をどうやって切り刻もうかなみたいなところもあったんですけど、ここまで世の中が停滞して沈んでると、もうあとは光に向かっていくしかないな、って気持ちはどっかにありますけどね。

—確かに今回のアルバムは明るいですよね。

野田:そうですね。そう意図してはなかったんですけど、そういうアルバムになりましたね。

—Awichさんのラップので“這い上がった物語を人は神話と呼ぶだろう”って歌詞がありますよね。それってAwichさんがよくインタビューでおっしゃってる、世の中の常識やルールはフィクションであり、そう捉えることで前に進める、みたいなことにも通じるのかなと思いました。

Awich:フィクションっていうか、意味づけする権利をそれぞれの人が持ってると思ってるので。どん底にいる時は、そこでしか味わえないものがあるんですよ、絶対。だからそれを、私がどん底に落ちた時にはこの曲で言ってあげたいし、今そこにいる人たちにはそういうふうに言ってあげたい。それを乗り越えてこそ、伝説だったり、神話みたいに言われるからって意味の言葉です。世の中はフィクションっていうのは、そういう意味だと思ってます。

—意味づけするのは自分。

Awich:そうそうそう。

—野田さんは普段Awichさんと話す時、そういう真面目な話もするんですか?

野田:うーん、なんの話してるかね。半分くらい記憶なくなってる(笑)。

Awich:最終的にはなくなってる(笑)。けっこういろんな話をしますね。私の愚痴も聞いてくれるし。

野田:あと、俺はもうどんだけお前が凄いかみたいな話をずっとしてる気がする。

Awich:(笑)。

野田:とんでもねぇぞって。

—そういう意味でも、念願叶ったコラボですね。

野田:そう、それがうれしかったですね、本当に。全国民がAwichの虜になるべきだし、なるだろうなって思ってる。

Awich:マジですか(笑)。それはありがたい。うれしいし頑張ろうって思います。

—野田さんは、Awichさんのことをまだ知らない、いわゆるロックしか聴かない自分のリスナーにも、こういうアーティストがいるんだよって知ってもらいたい気持ちはあるんですか? もちろん自分が仲がいいという前提はあると思うんですけど。

野田:そうですね。仲良くなくても、音楽だけで俺は取り憑かれてただろうなって思うので、そこは関係なく。聴かないのはもったいないし、日本語でこれだけの音をやってる才能は稀有だと思うので。みんなが聴いて絶対プラスになるなって思います。

—Awichさん、どうですか。

Awich:めちゃくちゃうれしいです。もちろん誰に言われてもうれしいんですけど、私は洋次郎さんがライブしてるのも見てたし娘がもともと超大ファンで、すごい人たちに囲まれた遠い存在だった方がそんなふうに言ってくれるのはめっちゃうれしいし、やる気も出てくる。もちろん自分でも「やってやる」って気持ちはいつもあるんですけど、もっと、待っててねって気持ちが芽生える(笑)。


Photo by Maciej Kucia

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE