“15人のEXILE”として約2年4カ月ぶり全国ドームツアーを東京ドームにて完走

EXILE

EXILEが7月6日の福岡PayPayドーム公演を皮切りに全国4カ所全15公演(埼玉・ベルーナドームは中止)を行った『EXILE LIVE TOUR 2022 "POWER OF WISH"』が9月25日東京ドームにてツアーファイナルを迎えた。また、同公演にて12月に『EXILE LIVE TOUR 2022 "POWER OF WISH" ~Christmas Special~』を開催することを発表した。

本ツアーは、EXILE20周年のメモリアルイヤーをファンと一緒に盛り上げるため、EXILE ATSUSHIの限定復活が実現した“15人体制のEXILE”による特別な公演。中でも最終日の東京ドーム公演は、この日を以てEXILEを勇退し、芸能界を引退するパフォーマー黒木啓司のラストステージとなり、15人の勇姿を見届けるために会場には超満員の観客が集結した。オフィシャルレポートを掲載する。

関連記事:今市隆二が語る、心に寄り添う「歌」を

遡ること2年半前、2020年2月25日に開催した『EXILE PERFECT LIVE 2001→2020』京セラドーム公演を最後に、思わぬ形で終幕を迎えた“15人体制のEXILE”。その後も、ライブ前のインタビューで現リーダーのAKIRAが「先の見えない不透明な状況下、度重なるライブの中止や延期、スケジュールの変動により思うように皆様へEXILE ENTERTAINMENTをお届けできない日々。僕たちEXILEにとっても、メンバー1人1人にとっても、歯がゆい日々が続く試練の期間でした。しかし僕たち自身、“願いの力”を信じ、今日この日まで一丸となって走り抜いて参りました」と語ったように、誰もが小さな希望に向かって必死に生き抜いてきたことだろう。その結果、今年開催したアリーナツアー『EXILE 20th ANNIVERSARY EXILE LIVE TOUR 2021“RED PHOENIX”』で復活の狼煙を上げ、今夏ようやく単独ドームツアーが実現。途中、全員が揃わない公演もあったが、ファイナルの舞台・東京ドームには笑顔の15人が立っていた。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE