亀田誠治が語る松本隆トリビュートアルバム「全亀田を投入した」

松本隆トリビュートアルバム『風街に連れてって!』




田家:ボーカル・松尾レミ、ギター・亀本寛貴、ドラム・河村"カースケ"智康、ベース・亀田誠治、ピアノ・皆川真人の五人バンド。

亀田:めちゃくちゃシンプルな編成にしましたね。

田家:「スローなブギにしてくれ(I want you)」について、亀田さんの中の自分史としての記憶はおありですか。

亀田:僕が高校生か大学生の時に、片岡義男さん原作の映画で主題歌になりましたね。良い意味でのバブル期のエンタメ感みたいなものが満載で、その中で南佳孝さんがオールド・タイム・ブルースみたいな楽曲で古き良き時代を更に焼き直していったという記憶がありました。とはいえ、原曲だとドラムとかベースが打ち込みなんですよ。これが80’sサウンドになっていったんですね。「スローなブギにしてくれ(I want you)」のリアルタイムな時代って、ドラムマシーンの打ち込みが出てきて、コンピューターも出てきて、YMOが出てきて。ある意味徹底的に古臭いものを排除していこうという時代だったと思うんですけど、僕はGLIM SPANKYというアーティストを通じて、もう一度音楽の温度感というものを今の人肌の温度感にフィットさせていく必要があるかなと思ったんです。彼らと一緒にこの曲をこのサウンドでやろうと。レミちゃんから(ビートルズの)「Oh!Darling」みたいにしたいってすぐに連絡が来て。でも、たぶん当時、南佳孝さんも"「Oh!Darling」を今っぽくやろうぜ"って言ってやったんだろうなと思ったんです。

田家:なるほどね。

亀田:そこから巡り巡って、今、GLIM SPANKYがやると、「Oh!Darling」に戻るんだというこの輪廻転生が僕的にめちゃくちゃツボで。これが音楽だ、行ったり来たり自由にできるんだ、と思ったんです。

田家:これが音楽だ、この曲もそう思いながら聴いてください。

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE