「ツタロックDIG」出演バンド・マルシィが語る、“消せない記憶”と共に生きていく歌詞世界

マルシィ



―うきょうさんは、実体験に基づいて歌詞を書いてるんですか? 創造しているものもある?

うきょう:実体験もあれば、そこから膨らませている曲もあります。1つ共通しているのは、自分が心の中で感じている感情を伝えたい部分として、1つ1つの曲にしているところです。

―そうした曲たちが、YouTubeやサブスクなどを通していろんな人に広がって、聴いてもらえているわけですが、どう受け止めていますか。

うきょう:まだそんなにライブをしていないこともあって、正直そんなに広がっているという実感はあまりないんです。とはいえ、リスナーの方からコメントをいただいたりすると、「苦しかったけど、歌を聴いて救われました」っていう声も結構多いし、人によってはそういうコメントを長文でくださる方もいて。そういうのを見ると、本当に曲を作って良かったなと思います。他のメンバーもそうだと思うんですけど、僕たち自身そういう言葉を聞くことで前に進んでいけますし、リスナーの方とそういう良い関係でいられることがありがたいなと思います。

おさみぃ:僕が高校生の頃にギターを弾いて漠然と思っていた夢が、「いろんな人に曲を届けたい」ということだったので、現状に満足せずに、もっとたくさんの人に届けたいです。ただ、もちろん大衆向けに届けたいというのもあるんですけど、最近は変わってきていて、ファン1人1人の目線に立って届けたいという気持ちが芽生えてきてますね。

フジイ:MVや個人のSNSで、「この曲で助けられました」というコメントをもらうこともあって、そういう言葉を目にするたびにやっていて良かったなと思います。自分が携わった曲がいろんな方の耳に届くのは、本当にミュージシャン冥利に尽きますし、本当に幸せな気持ちでやらせてもらっています。

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE