神聖かまってちゃん現体制ラストライブ「思い出ってのはいつもキレイでずりぃな」

ちばぎん脱退に伴い、この4人による神聖かまってちゃんの最後のステージとなった



アンコールでのハイライトの1つは、神聖かまってちゃんの代表曲「ロックンロールは鳴り止まないっ」が演奏された場面だろう。フロア後方の観客たちまでもが手を挙げ、飛び跳ね、会場全体がカオスな熱気に包まれていた。だが、ライブはまだ終わらない。再びアンコールを求めるファンの声に応え、ダブルアンコールが行われる。ライブ終盤にも関わらず、の子はマイクを離さずスピーチを続ける。ここで話していたのも、やはりライブ冒頭で力強く語っていたように、「いつか必ず終わりはやってくる」「だからこそ衝動を爆発させろ」といった内容だ。


Photo by 真島洸

の子は「ちばぎんみたいに金がないけど幸せを手に入れた人。monoくんみたいに離婚して地獄に落ちた人もいる。でも、どんだけ成功しても失敗しても、死は平等にやってくるから。お客さんの中で、本当は今日いたはずの人もいたと思う。俺もファンの中で死んだやつを何人か知っているけど、人生はすぐ終わるんだよ。だから衝動とか魂みたいなものをバーストさせるんだよ! 死ぬ前に『あれをやっておけばよかった』とかって絶対に絶対に思うんだよ。悔いが少しでも残るから、だから今やるんだよ!!」と熱く叫ぶ。そのままラストソングのタイトルコールをちばぎんに促し、「23才の夏休み」の演奏が始まる。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE