「ツタロックDIG」出演バンド・リュックと添い寝ごはんが作る、アットホームなライブ空間

リュックと添い寝ごはん



―まず、バンド結成の経緯を教えてください。

松本ユウ(Vo.Gt):高校時代に、軽音楽部の中で結成しました。

堂免英敬(Ba):最初、僕とユウが本入部する前から一緒にやろうっていう話をしていたんです。それで軽音楽部の夏合宿に参加したときに、最終日の発表会でユウが歌っているのを見たドラムの宮澤さんが「いい声だね」って言って。「だったらこの3人で組もうよ」っていう話になりました。

松本:合宿にコーチがいて、レベル別にバンドを組ませて、それぞれに課題曲を与えていたんです。僕がそのバンドで最初にやったのが、ストレイテナーさんの「Melodic Storm」でした。

―それはこの3人でやったわけではなくて?

松本:僕は違う人と組んでいて、ミヤさんとヒデは同じバンドだったよね?

宮澤あかり(Dr):たまたま、同じバンドになったんです。

―堂免さんと宮澤さんのバンドは何を演奏したんですか。

宮澤:相川七瀬さんの「夢見る少女じゃいられない」です。

―課題曲の幅が広いですね(笑)。そこで、お互いが良いなと思って結成したわけですね。松本さんと堂免さんは入部前からもともと仲が良かったんですか。

松本:仮入部期間のときに、全パートを観に行ったんですけど、最初ヒデのことを先輩だと思っていたんですよ。最初から上手いしめちゃくちゃ貫禄があって、「なんか怖い先輩がいるな」っていう感じだったんです(笑)。それでいざ入部したら同い年なことが発覚したんですけど。

堂免:中3からベースをやっていたこともあって、ちょっと心の余裕はありました(笑)。

―3人で組むことになったときに、どんな音楽の話をしたんですか?

松本:当時ハマっていたのが、go!go!vanillasさんでした。それと、みんなルーツが似ていて、星野源さんとかを聴いていたので、そのあたりで話があったんだと思います。

―さんざん訊かれていると思うんですけど、「リュックと添い寝ごはん」というバンド名はどこからきてるんですか?

宮澤:それこそ合宿のときに、「添い寝」という言葉を意味もなくよく発していたんです。それで、合宿の帰りのバスが出ちゃうから急いでごはんを食べなきゃいけないっていう状況のときに、リュックを背負いながらごはんを食べていて。その単語が全部つながった感じです。

松本:たぶん、「語呂がいいからこれでいいじゃん」みたいな高校生のノリで、こうなってます。なんかしっくりきちゃったという。

―これはこの先もずっと説明していかざるを得ないですよね。

松本:はい、宿命ですね(笑)。

―初めてライブをやったのはいつですか?

松本:初ライブは、軽音楽部がみんな出る大会でした。10分間の持ち時間で、2曲やったんですけど、そのうち1曲はオリジナル曲をやりました。

―その曲は、発表されているのでしょうか。

松本:いや、僕らの中で封印されています(笑)。

堂免・宮澤:ははははは(笑)。

松本:ちょっと、恥ずかしいし、世に出せるものではなかったので。

―曲は全部松本さんが書いているんですよね。

松本:そうです。弾き語りとかゼロイチの部分を作って、バンドで肉付けしていく感じです。

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE