MINMIが語るデビュー20周年の歩み、5年ぶり開催のフェス「FREEDOM」への想い

MINMI

MINMIが2022年8月でデビュー20周年を迎える。8月21日には、淡路島・国営明石海峡公園芝生広場にて、5年ぶりに主催イベント「FREEDOM 青空 2022 淡路島」の開催も発表。同フェスに向けクラウドファンディングも実施している彼女に、20年間の音楽活動の歩みから、子育て、「FREEDOM」にかける想いなど、ざっくばらんに話を訊いた。

ー1stシングル「The Perfect Vision」をリリースしたのが2002年の8月ということで、今年、いよいよデビュー20周年を迎えられます。今、この20年を振り返ってみて、どんな感覚ですか?

関連記事:田中宗一郎×小林祥晴「2022年初頭ポップ音楽総括:開戦前夜に優れたアーティストたちは何をどう表現していたのか?」

MINMI:20周年という響きに対して、自分の感覚としては短いなあ、と。一瞬のようでした。

ー当時、「The Perfect Vision」のMVを初めて観た時にとっても衝撃的でした。「クールで華やかで、日本のレゲエ・シーンからもこんなディーヴァが出てきたんだ!」と。メジャーデビューにあたって、チームの皆さんとどんなイメージやビジョンを共有していたのでしょうか。というのも、以前MINMIさんにお話を伺った際に「デビュー当時は笑わない写真が多かった」と仰っていたのが印象的で。

MINMI:スタッフやマネジメントの方は、多分、私に対して「強い女性」「女性に憧れられる強い女性」というイメージを持っていたと思うのですが、私的には、「変だな」と思っていたんですよね。確かに”強い部分”はあるという風には思っていたけど、その”強さ”は虚勢を張る強さではなかった。だから、常に睨みつけているイメージとか、そういう見せ方に対してはすごい違和感がある感じで。イメージを共有できずに本当の自分の気持ちとのギャップがあった。だから、チームとはぶつかっていました。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE