LOW IQ 01の青春時代「ミクスチャー音楽に目覚めた1990年」

LOW IQ 01


ー次にヒット曲に関してはいかがでしょう?

それはまさしく、「おどるポンポコリン」。俺、この時はよく海に行ってたんだよ。その時、車の中のラジオで「おどるポンポコリン」がかかってた。あと、「浪漫飛行」はJALの飛行機のCMだよね。すごくいい歌だなと思ったな。

ー1990年は全般的にドラマとかCMのタイアップでヒット曲が出るという感じでしたよね。

まさしくそうだね。しかも、フジテレビが全盛で、俗に言う月9だね。宮沢りえの『いつも誰かに恋してるッ』は2シリーズあって、それもすごい観てたんだけど。未だに不思議なのは宮沢りえのお父さん役が蛭子(能収)さんで、すごい無理あるなって思ったね。あと、『予備校ブギ』の主題歌で、フリッパーズ・ギターの「恋とマシンガン」がかっこよかったっていうのは覚えてるんだよね。たまの「さよなら人類」も紅白に出たから覚えてる。THE BLUE HEARTSの「情熱の薔薇」は『はいすくーる落書』の主題歌で。でも、なんで覚えてるかって言うと、俺、『はいすくーる落書2』の加勢大周が知り合いなのよ。当時一緒にバンドやってたメンバーの学校によく遊びに行ってたんだけど、加勢大周がそこの生徒で。その繋がりで友達になって、その時にどうやら、オーディションを受けに行って受かって、コーラのCMに出たんだよね。そこからすごい売れて、織田裕二、江口洋介、加勢大周で平成御三家って言われるようになって衝撃だった。あと、1990年アカデミー賞映画『少年時代』の曲「少年時代」。最後、主人公が引っ越すシーン、そこで井上陽水の「少年時代」がかかるんだけど、すごくいい曲だなって思った。その後、アイゴンとのドライブ中にラジオから「少年時代」がかかって。そしたら、アイゴンが「なにこれ!? すごくいい曲!」って言ってたのを今もすごい覚えてる。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE