岡村靖幸が禁断のエロスに取り組んだ『DATE』、当時のプロモーターが振り返る

岡村靖幸





田家:2枚目のアルバム『DATE』から西岡さんが選ばれた3曲目「Lion Heart」。これはアルバムの4曲目に入っています。

西岡:あーこういう岡村もありかなっていう曲ですね。

田家:3曲目に「生徒会長」という、ヘヴィメタキッズと生徒会長が対立する、まさに青春ドラマのような曲が入っていて。西岡さんにお持ちいただいた『DATE』発売時のプロモーションカセットテープの中で、岡村さんご自身が「今回のアルバムテーマは青春だ」と話をされてました。

西岡:ちょっとませた青春。魅力的なものとか、いろいろなものが目の前に現れていっては消えていくみたいな時代だというようなことをたぶん思っていたと思いますし。

田家:もう1つ岡村さんがカセットの中で話をされていることがあって、「タイトル『DATE』。恋愛の中で1番美しいのがデートの瞬間なんだ」。

西岡:そのピュアさはちゃんと持ち合わせているし、でもいろいろな知識もどんどん入ってくるだろうしって感じで。

田家:アルバムを聴いた時に、初めてのデートの時のように、いろいろなときめきを感じてくれればいいな。そのカセットは、こういう話をしてほしいと希望して作ったわけじゃないんでしょ?

西岡:全然ないです。彼に全部任せて。

田家:アルバム『DATE』という中で。メロディアスな岡村靖幸という意味で、特筆する1曲になっております。カセットテープの中で「今回のアルバムは自分でいろいろな楽器をやっているんだ」と言っていましたね。

西岡:そうですね。レコーディングスタジオに入っていろいろなことをやっていくうちに、自分でギターもピアノもやって、自分の理想とする音像に近づけたい気持ちもあったと思うので。あっという間に全部マスターした感じで、びっくりしました。

田家:自分で楽器を弾いて詞も曲も書いてというのは「Lion Heart」もそういう曲でしょうね。

西岡:きっと自分のやりたい音は自分でという感じになったんだと思います。

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE